ご希望のレンタカー会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトレンタカー会社リサーチ

レンタカー情報

レンタカーの料金



レンタカーは車種、利用時間、さらに任意で選ぶ免責補償料金、チャイルドシートなどのオプションにより料金は違ってきます。ここではレンタカーを借りる際の料金や上手に割引を利用するポイントを紹介します。

車種は大きく分けて2通り

車種は大きく分けて2通り

レンタカーは大きく分けて、セダン・コンパクト・ミニバンなどを含む乗用車と、トラックや福祉車両といった貨物車・商用の2通りに分かれます。

ひと言でコンパクトと言っても種類は様々、乗車定員が同じ5名の場合でも、軽自動車もあれば、車の大きさはほぼ同じで排気量が異なる車も存在し、料金が違ってくるケースも見られます。走る距離や人数に合わせて、室内の広さや排気量を車種ごとにじっくりと比較するのが良いでしょう。

一般的にはコンパクトタイプの車を6時間以内で借りた場合は5,000円代~というのが多く見受けられますが、リーズナブルな料金設定をしているレンタカー会社も数多くあるので、予算に合わせて比較しましょう。

無理のない時間で借りよう

無理のない時間で借りよう

利用時間は、最も短時間で6時間以内と設定しているレンタカー会社が一般的です。何分ごとに料金が発生するかといった細かい時間設定はなく、6時間以内であればどれだけの距離を走行しても構いません。このことから、レンタカーは距離を気にせず長時間使う人に向いており、短時間・短距離の利用に適したカーシェアリングとは大きく異なっている部分と言えます

レンタカーは6時間以内を最短に、以降、12時間以内、24時間以内に区切られていることが多いです。24時間を超える利用の場合は、各社が定める24時間以内の料金に対して、プラス1日分やプラス1時間分といった追加料金が上乗せされます。無理な予定を組んで帰着時間を過ぎてしまうことを考えれば、使う時間に余裕を持ったプランで借りた方が賢明です。

さらにレンタカー利用にはワンウェイシステム(乗り捨て)と言われる物もあります。同じレンタカー会社であれば、借りた店と別店舗で返却できる他、同一県内だけでなく、県をまたいで返却ができる会社もあります。

リーズナブルに借りられる期間を知ろう

リーズナブルに借りられる期間を知ろう

G.W.やお盆、年末年始などのいわゆるハイシーズンは、レンタカーも通常料金より高いハイシーズン料金を設定することが一般的です。特に北海道や沖縄などの旅行先でレンタカーを利用する場合は、料金が異なる場合があるため、あらかじめレンタカー会社のホームページで確認をしたほうが良いでしょう。

観光地ではない街中にあるレンタカー会社で利用する場合は、平日利用や早期予約に限り、リーズナブルな料金設定をする会社も多いので、こうした各社の割引にも注目してみるのも手です。

会員割引も有効活用

会員割引も有効活用

レンタカー会社の多くが、会員限定の割引サービスを実施しています。会員登録は、ネット上から、または来店して登録できる会社がほとんどです。

会員になると通常料金よりも安い料金でレンタカーを利用できる他、会社によっては利用時、予約時ごとに特典を用意している会社もあります。会社ごとに会員割引の内容は異なるので、各社の会員特典を比較するのも賢い方法です。