ご希望のレンタカー会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

レンタマップ
レンタカー会社
トップページへ戻る
トップページへ戻る

レンタカー情報

レンタカーの予約から返却まで



レンタカーはその特性上、利用者が事前予約をする場合がほとんどです。そのため利用者の多くが料金の比較などを行なった上で予約をし、来店し車を受け取り、その後返却するという手順を踏みます。

事前に予約可能な時期など、細かな点はレンタカー会社により異なりますが、ここでは一般的なレンタカーの予約から返却までの流れを紹介します。

予約方法は主に2種類

予約方法は主に2種類

レンタカーを予約する場合、インターネットからの予約と、レンタカー会社の店舗へ直接電話するといった2通りに大別されます。インターネットでの予約の場合、前もって予約しておくと割引料金で利用できるなど、電話予約と違い様々な特典を用意しているレンタカー会社も多くあります。

そして、チャイルドシートなどのオプションも予約時に決めておくことがほとんどです。こうしたオプション設定の他、レンタルする車にはカーナビやETC車載器が付いているかなど、標準装備されている物を確認しておくことも大切です。

予約を済ませたら店へ足を運ぼう

予約を済ませたら店へ足を運ぼう

インターネット、または電話で予約を済ませたら車をレンタルするために店頭へ足を運ぶことになります。

店では一般的には運転免許証の提示・確認、レンタルする人の本人確認などが必要となります。ほとんどのレンタカー会社では料金前払いになるので、支払いの準備もしておきましょう。

一度、会員証を作っておけばレンタルする際の細かな書類への記入が大幅に減ります。何度も利用する店であれば、会員証を作っておくと今後の受付時間の短縮につながります。

出発前に車の傷などをチェックします

出発前に車の傷などをチェックします

店で必要書類への記入を済ませれば、レンタカーを受け取ることができます。このときに、店の人から車に関する説明があります。ワイパーやウィンカーの操作方法、ガソリンタンクのキャップの開け方なども確認しておく必要があります。

そして店の人と一緒に、車の状態を確認する作業も大切です。車のボディだけでなくガラスなども含め傷はついていないかを目視してチェックします。目につくところだけでなく、地面に近いタイヤ周辺の塗装、ヘコミなども見ておきましょう。

返却時のトラブルを防ぐため、しっかりと時間をかけて行ないましょう。

返却時に気を付けるべき点

返却時に気を付けるべき点

レンタカーを使い終わったら、あとは返却するだけ。同じグループ会社であれば他店舗への返却が可能なワンウェイシステム(乗り捨て)を利用するかは、予約時に決めておきましょう。

レンタカーは、ガソリンが満タンの状態で借りるケースが多く、その場合、返却時にレンタカー会社近くの給油所でガソリンを満タンにして返すことが決められています。給油したレシートの提示が求められる場合もあるので、レシートも保管しておきましょう。

返却予定時間の間近になってから給油しなければいけないことに気付いて、返却予定時間を過ぎてしまうことのないように、給油の時間も頭に入れて行動するよう心掛けましょう。