ご希望のレンタカー会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトレンタカー会社リサーチ

レンタカー情報

レンタカー車両の特徴



レンタカーの車両は一般的な乗用車の他に、福祉車両や大人数が乗ることのできるバス、たくさんの荷物を運べるトラックなどに分かれます。それぞれのレンタカー車両が持つ特徴を把握して、利用する人数、使う用途に合わせ、レンタカーを選ぶときの参考にして下さい。

乗用車

乗用車

乗用車と一口に言っても軽自動車なのか、普通乗用車なのかといった違いがあります。そして普通乗用車にはコンパクト、セダン、ミニバン、スポーツカーなど車の大きさ、排気量などの違いがあります。レンタカーを利用する際の人数、走行距離などを考えて車を選びましょう。

乗り馴れている車種の車に乗るのが安心ですが、これまで乗ったことのなかった車に乗れるのもレンタカーの魅力。気になっていた車に乗ってみるのもレンタカーの楽しみのひとつです。

数ある乗用車のタイプは、下記のように分類することができます。

①コンパクト&セダン
ハッチバックタイプや、ゆったりした荷室のステーションワゴン、ビジネスにも使い勝手の良いセダンなどのタイプがあります。
②ミニバン
7人乗りから最大10人乗りまであり、セダンやステーションワゴンより乗車定員が多いのが特徴です。海へ、山へ、大人数でレジャーに出かけるならミニバンを選ぶのが良いでしょう。
③軽自動車
少人数の利用で、あまり距離を走らないなら軽自動車を選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。狭い道でも運転しやすいため初心者に最適で、何より普通乗用車に比べるとレンタル時の価格を抑えることができます。

商用車・貨物車

商用車・貨物車

大きな荷台や荷室のある商用車は引越しや、イベントでの運搬など荷物を運ぶときに活躍します。では、商用車はどんなタイプに分かれるのでしょうか。

①ワンボックスバン
荷物をたくさん積める箱型の車です。
②ライトバン
車高が高くない乗用車タイプのバンは運転のし易さが特徴です。
③トラック
トラックは大型、中型などのサイズに分かれます。普通自動車免許で乗れるトラックは最大積載量3t未満ですが、トラック専門のレンタカー会社などでは中型自動車免許で運転ができる5t以上11t未満のトラックをレンタルしている場合もあります。

福祉車両

福祉車両

レンタカー会社には福祉車両も用意されているケースが多くあります。お年寄りをはじめ、妊婦の方や小さな子どもがいる場合の利用に適しています。では、福祉車両にはどのようなタイプがあるのでしょうか。

①車椅子ごと車に乗せることができるタイプ
介護者と車椅子をそのまま車に乗せることができるタイプの物。スロープタイプやリフトタイプがあります。
①セカンドシートや後席に乗る
電動でセカンドシートが回転、そのまま車外までスライドすることで乗り降りをラクにするタイプの物。後席に乗る場合も、後席が車外までスライドすることで車椅子からシートへの移動を助けます。

バス

バス

一般的なミニバンの乗車定員である8名を超える移動には、マイクロバスが便利です。車両総重量5t未満、または最大積載量3t未満、乗車定員11名未満であれば普通自動車免許で運転することができます。乗車定員11名以上のマイクロバスは中型自動車になるため、中型自動車免許などが必要になります。