ご希望のレンタカー会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

レンタマップ
レンタカー会社
トップページへ戻る
トップページへ戻る

レンタカー情報

レンタカー使いこなし術
「福祉車両レンタル」



高齢化社会に伴うニーズの変化にしたがい、レンタカーで借りられる自動車の中にも福祉車両が増えてきました。福祉車両は自動車メーカーやレンタカー会社によって特有の名称を与えられている例が多く、例えばトヨタ自動車の物は「ウェルキャブ」、日産自動車の物は「ライフケアビークル」、三菱自動車の物は「ハーティラン」などと呼ばれ、ニッポンレンタカーでは独自に「ユニバーサルカー」と名付けるなどしています。

ウェルキャブの例で知る福祉車両

ウェルキャブの例で知る福祉車両

ここでは、自動車メーカー最大手であるトヨタ自動車のウェルキャブを例に挙げて、福祉車両とはどういう物かご紹介します。ウェルキャブは「介助式」と「自操式」の2種類に大別されます。「介助式」は身体の不自由な人を介護・送迎するための装備を備えた福祉車両、「自操式」は身体の不自由な人が自分で運転するための補助装置を備えた福祉車両です。なおレンタカーの場合は「介助式」がほとんどです。

そしてウェルキャブの「介助式」にも様々なタイプがあります。これも大別すると2種類に分類されます。ひとつは車椅子のまま自動車に乗り込めるようスロープなどが備わった車いす仕様車の類。仕様によってはストレッチャー(横たわったまま人体を運べる移動器具)のまま乗り込める自動車も存在します(ストレッチャーで乗り込めるタイプのレンタカーは極めて稀です)。そしてもうひとつは、回転シートやリフトアップシートなどを備えることで、通常の自動車よりも足腰への負担を少なく乗降できるよう、特別な装備を備えた車両です。

自動車メーカーによって名称や細かな仕様で異なる部分はありますが、概ね福祉車両とはこういった特別な装備を備えた自動車のことを指します。

積極的に利用したい福祉車両のレンタカー

積極的に利用したい福祉車両のレンタカー

福祉車両は特別な装備を備えており、その販売価格は通常の自動車よりも割高になるため、福祉車両をマイカーとして購入するには金額的に大きな負担がかかってしまいます。また福祉車両は背の高いワンボックスタイプが主流です。立体駐車場など駐車場の条件によっては購入ができない場合もあるかもしれません。そこで活用したいのが、レンタカーでの福祉車両利用です。

福祉車両の特別装備を日常的に使用しないのならば、必要なときだけレンタカーを利用する。あるいは福祉車両を備えた自動車を購入する前段階として、様々な仕様や自動車メーカーごとの違いを実際に使用して試してみる。特別な装備を備えた自動車だからこそ、レンタカー利用のメリットが活きてきます。

福祉車両レンタカー利用の注意点

福祉車両レンタカー利用の注意点

多くのレンタカー会社では、通常のレンタカーよりも、福祉車両レンタカーの保有台数は少なく、借りるには事前予約が必要になるケースがほとんどです。大手レンタカー会社でも全営業所に配置している例は少なく、予約を受けてから別営業所へ車両手配を行なうことが多いようです。福祉車両の利用の際にはあらかじめ早い段階でレンタル予約を済ませるよう心掛けましょう。