ご希望のレンタカー会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

レンタマップ
レンタカー会社
トップページへ戻る
トップページへ戻る

レンタカー情報

レンタカー使いこなし術
「任意保険の選び方」



自動車は便利な道具である反面、他人や自分、同乗者を傷つけ、他人の財産に損害を与える可能性もある危険な道具です。これは自家用車に限らずレンタカーでも同様です。万一の際に発生する補償費用を補うために、自動車には車検時に自賠責保険の加入が義務づけられているうえ、それでカバーしきれない損害費用のために、任意保険への加入が推奨されています。

レンタカーも自賠責保険に加入しており、また一定の任意保険に加入していることがほとんどです。これらはレンタカーの基本料金に保険料が含まれているため、レンタカーで事故を起こしてしまった際にも利用できる保険ですが、万一の際には免責額として、発生した補償費用の一部を支払う仕組みがほとんどです。

そこで大手レンタカー会社のほとんどは、その免責額を補償する制度を設けています(これは保険ではなく、レンタカー会社が設定しているオプション制度です)。

確認しておきたい保険の仕組み

確認しておきたい保険の仕組み

自動車における任意保険の仕組みをおさらいしておきましょう。自動車の任意保険は、自動車の所有者(使用者)と保険会社との間で結ぶ契約です。レンタカーの場合は、レンタカー会社と保険会社の間で結んだ保険契約ということになります。

レンタカー会社は所有しているレンタカーにかかる任意保険の料金を支払い、そのレンタカーを利用客に貸し出しています。そして利用客は、レンタカーを借りる際に基本料金の一部で保険料に充てられる費用を支払っていますが、これは利用客と保険会社の間における保険契約ではなく、あくまでレンタカー会社が定めた料金として支払っているに過ぎません。

そのため事故などが発生して保険が適用される際も、レンタカー会社と保険会社との間で結ばれた保険契約を、事故にかかわった当事者としてかかわるということに過ぎず、利用客自身が自家用車利用などで加入している任意保険が適用されることはありません(運転者が自家用車を所有し、自家用車で任意保険を契約している場合、一部保険の種類によっては、契約外の自動車を運転している際にも適用される保険プランがあります)。

つまり万一の際は、レンタカー会社との取り決めにしたがい、必要な報告や作業を行ない、定められた免責額などを支払う必要があります。

レンタカー会社が設定する免責補償制度

レンタカー会社が設定する免責補償制度

レンタカーの場合は、基本料金の範囲でも十分な任意保険に加入していますが、ほとんどのレンタカー会社では、対物補償、車両補償の面で、利用者には数万円から10万円程度の負担額が発生します。この詳細はレンタカー契約時に説明を受けるはずです。

そして大手レンタカー会社の多くはこれをサポートするプランとして、追加料金を支払うことでその負担額を免除できる、免責補償制度を設定しています。言わば「保険の保険」のような仕組みです。その料金は概ね1日あたり数千円以下であり、万一の際に発生する出費を考えれば割安とも言えるでしょう。

保険制度の確認は必須事項

保険制度の確認は必須事項

上で紹介した免責補償制度に限らず、自動車を運転する以上は保険への加入は重要項目です。レンタカー契約時に受ける保険と免責補償制度の説明をしっかり理解し、レンタカーに備わった保険証券(レンタカーの場合はコピーやそれに類する物があるはずです)を確認しましょう。