ご希望のレンタカー会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトレンタカー会社リサーチ

レンタカー情報

よくあるトラブル「パンクしたら」



どれ程万全に整備された自動車であっても突然に訪れるトラブルがパンクです。レンタカーを利用中にタイヤがパンクしてしまった場合、どのように対処すべきかをご紹介します。

パンクに気が付いたら迅速に停車

パンクに気が付いたら迅速に停車

自動車を運転していて、いずれかのタイヤが急激にパンクした場合(タイヤのバーストなど)は、直進することさえままならない危険な状況に陥ります。パンクしたタイヤの位置にもよりますが、前輪だった場合はハンドル操作が不安定になり特に危険です。タイヤに異常を感じたときは、安全に停車できる場所ですみやかに停車し、状況を確認しましょう。タイヤのバーストは高速道路を走行中に発生しやすいため、特に危険です。スピードを出しすぎない運転は、この緊急事態の対処にも役立ちます。

パンクしたタイヤの修理をし、レンタカー会社へ連絡

パンクしたタイヤの修理をし、レンタカー会社へ連絡

自動車にはスペアタイヤかパンク修理キットの搭載が義務づけられています。スペアタイヤへの交換に必要な最低限の道具も揃っているはずですので、それを使用してパンクタイヤを交換します。

またパンク修理キット(近年はこちらが主流)があった場合は、それを使用してタイヤの修理に臨みます。使い方は修理キットそのものに記載されているはずですので、よく読んで正しく使用しましょう。概ねパンクしたタイヤの空気穴に装着して使用します。しかしながら大きく裂けてしまったタイヤには、修理キットによる修理では直すことができません。道路サービスなどに相談する必要があります。

いずれの場合でも、レンタカー会社への報告が必要です。パンクしたことにより発生した損害(タイヤの損傷、車体への影響)などは、使用者の負担になるケースがほとんどです。正直に申告しましょう。

パンクトラブルを避けるために

突然訪れるタイヤのパンクトラブル。その原因を考え、対策を考えてみます。

①鋭利な落下物
鋭利な落下物

釘や金属片など、道路に落下していた鋭利な物をタイヤで踏んでしまったときに、タイヤは深刻なダメージを受けます。前方車両から落下した場合や、悪質なイタズラなどがその原因ですが、前方の道路状態を常に監視して、安全な速度で通行して避ける他ありません。

②空気圧の偏りによるバースト
空気圧の偏りによるバースト

長年使っているタイヤの場合に多いケースです。タイヤ4つの空気圧に偏りがあった場合、そのまま長時間の高速走行をすることで空気圧の低いタイヤに熱が発生し、一定の温度を超えたときにタイヤが破裂します。これがバーストです。

レンタカーの場合は営業所で適切な空気圧チェックが行なわれているはずですので、数日使用する程度では発生しないのが普通です。しかし何かしらの原因により、いずれかのタイヤの空気が抜ける状態になってしまった場合は、短期利用のレンタカーでも危険な状態であると言えます。

バーストの前兆としてタイヤが高熱を帯びるという特徴があります。高速道路などを走行する際は、最初のパーキングエリアなどに入り、4輪を手で触れてその温度を確かめてみましょう。バースト寸前のタイヤは手で触れることさえできない高温度になります。またバースト直前でなくとも不自然に高い温度のタイヤがあった場合は、空気圧の偏りを疑う必要があります。最寄りのガソリンスタンドなどまで安全な速度で走行し、空気圧の調整を行ないましょう。