ご希望のレンタカー会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトレンタカー会社リサーチ

レンタカー会社用語集(か行)



レンタカー会社に関する用語(か行)をご紹介します。

カーオーディオ

カーオーディオ(カーオーディオ)

音楽やラジオなどを聞くために、車に搭載されているオーディオ機器のことで、「カーステレオ」とも言う。ラジオとCDプレーヤーの組み合わせが一般的だが、外部出力端子が付属されていると携帯プレーヤーなどと接続して、外部音源を聞くことができる。カーナビゲーションやカーテレビなどと一体型のタイプも多くなっており、スピーカーシステムも運転ポジションから最高の音が聞けるように、大小多くのスピーカーが埋め込まれている車もある。

カーシェアリング

カーシェアリング(カーシェアリング)

会員同士で特定の車を共同使用するサービス。利用者登録をした会員にのみ利用でき、利用時間もごく短時間から1日単位まで自由度が高い。レンタカーより簡単に借りることができ、料金設定も短時間であれば低額になる。一番大きいのは、車を所有するためにかかる費用がかからないことにある。休日だけの利用や買い物や送り迎えなどのごく短い時間であれば、車を所有するより圧倒的に車に関する費用を抑えられる。公共交通機関が発達している大都市圏を中心に、利用者が増加している。

カーナビゲーションシステム

カーナビゲーションシステム(カーナビゲーションシステム)

車を走行するときに衛星の位置情報を利用して、指定した目的地までの経路を案内してくれる電子機器。車載固定式のタイプから着脱可能なポータブルタイプなど様々なタイプがある。表示される地図情報はハードディスク(HDD)内蔵タイプとDVDなどのディスクタイプが一般的である。表示される情報では、現在地や目的地までの経路をはじめ、目的地への到着予定時刻、店舗情報、交通情報などがある。また、音声案内が付いたものは、交差点や分岐点などを音声で知らせてくれる。レンタカーには、ETCと共にほとんどの車種に標準装備されている。

カーリース

カーリース(カーリース)

特定の車を、会社や個人に一定期間貸し出すこと。会社など法人にとっては、税金や車検など維持費に関する管理が解消でき、オイル交換や部品交換などメンテナンスもリース会社が行なうため、運行管理も低減できるメリットがある。個人でのリースの場合は、新車購入時に頭金などまとまった資金がいらないため、経済的な負担が低減することや、好みの車に次々と乗り換えることができるなどのメリットがある。また、個人向けとして、短期間契約や中途解約が可能なサービスも登場している。

海外レンタカー

海外レンタカー(カイガイレンタカー)

海外で利用するレンタカー、または海外でレンタカー事業を行なっている会社のこと。Hertz(ハーツ)、alamo(アラモ)などは世界各地に営業所があり、日本でも有名。旅行やビジネスで海外のレンタカーを利用するときは、日本からも予約が可能で、旅行代理店などが手配をしてくれる。国によって交通事情や習慣が異なるので、利用する前に調べておくことが必要。また、国際免許証がないと運転できないので、出発前に申請しておくことも重要だ。

過失割合

過失割合(カシツワリアイ)

自動車事故において、加害者・被害者の双方に過失の度合いを割合で示したもの。追突事故以外は、損害を被った者にも事故を誘発する原因があったと認められれば過失割合が生じる。割合の認定は、道路交通法などに規定されている道路などでの優先関係、遵守事項、状況判断、被害者の危険負担などを考慮して決定される。過失割合によって支払われる保険金が決められ、8:2、6:4などでは、互いの過失を相殺して6割を支払ったり、2割を支払ったりすることが多い。

学生割引

学生割引(ガクセイワリビキ)

学生向けに、レンタカーを割引料金で借りられるサービスのこと。利用する場合は、免許証の他に学生証の提示が必要になる。各レンタカー会社で独自の割引サービスを実施しているが、基本料金が割引きになることが多い。経済的に車を所有できない学生が、レジャーやドライブなどで利用することが多い。スマートフォンやパソコンから予約ができるようになっており、利便性にも対応している場合が多い。また、大学生協と連携しているレンタカー会社もある。

ガス欠

ガス欠(ガスケツ)

燃料切れによってエンジンが停止すること。ガソリン車ならガソリンが燃料タンクになくなった状態で、電気自動車ならバッテリーに電気が残っていない状態を言う。通常は、燃料計や航続可能距離メーターなどで視認できるが、高速道路や山道など燃料の補給ができない道路や地域に行くと起こる場合がある。常に走行する分の燃料や電気を補給することが大切となる。ガソリン携行缶を使ってあらかじめガソリンを用意しておくと、万一の場合の対策にもなる。

ガソリン車

ガソリン車(ガソリンシャ)

ガソリンを燃料として動く車を指し、エンジンを搭載した車両。電気自動車と燃料電池車を除くとほとんどの車がこれに該当する。ガソリン車の中には、一般的な車のようにレギュラーガソリンを使用する車や、外国車、高級車に多いハイオクガソリンを使用する車、ディーゼルエンジンを搭載して軽油を使用する車がある。また、ハイブリッド車もエンジンを起動しているときはガソリンを使用するため、広い意味でガソリン車に入れる場合もある。

キーレスエントリー

キーレスエントリー(キーレスエントリー)

車のキーを鍵穴に差し込むことなく、ドアの施錠と解錠ができる装置。電波や音波などを利用してキーと一体型になったリモコンのスイッチやボタンを押すことで、施錠と解錠が自由にできる。荷物を持って手が塞がっている場合や雨の日などには便利な機能となる。コンパクトカーや軽自動車でも標準装備になっている車が多く、ドアミラーの開閉やハザードランプの点灯なども同時に行なえる車も多い。リモコンは電気式で、電池切れなどで作動しないときは、リモコンに内蔵してあるスペアーキーを使って施錠・解錠する。

基本料金

基本料金(キホンリョウキン)

レンタカー会社で車を借りるときに、あらかじめ設定されている基本となる料金で、車種やグレード、車の区分、借りる時間や日数で料金が異なる。希望する車を借りたい時間・日数だけ借りる場合の最低料金となる。基本料金の中には、自動車保険料なども含まれていることが多く、禁煙車やカーナビ付きなどの車両が選べるようになっているレンタカーもある。なお、基本料金にはガソリン代は含まれていない。予定より時間や日数を超えた場合の超過料金やオプションの設定などは、基本料金に上乗せとなる。

キャリア

キャリア(キャリア)

屋根の上やRV車の後部に取り付けた荷台や箱のこと。主に、スキー板やスノーボード、サーフボードなどを載せるために設置する。屋根に取り付ける場合は、2本のバー状のベースキャリアを平行に設置し、そこにスキーキャリアを装着する。スキー板やスノーボードが落ちないようにしっかりホールドできるようになっている。盗難防止のためにロックがかけられるものもある。ステーションワゴンなどには、ベースキャリアが設置しやすいようにルーフレールが装備してあるものもある。また、ベースキャリアにボックスを装着して、その中にスキー板を収納するものもある。

キャンピングカー

キャンピングカー(キャンピングカー)

キッチンやベッドなど寝泊まりできる設備が付いた車で、一般的自走式のものが多く、牽引するタイプのものは「キャンピングトレーラー」と呼ばれる。主に、トラックやワゴン車を改造したものが多く、ソファや冷蔵庫、調理設備が付いており、キャンプや旅行などに利用される。ダイニングテーブルやベッドなどは可動式で、利用時以外は収納されているケースもある。大型の本格的な車になるとシャワーやトイレを完備したものもある。日本の道路運送車両法では、キャンピングカーとして登録する場合に、構造要件が定められている。

キャンペーン

キャンペーン(キャンペーン)

レンタカー会社が、集客や利用促進を目的に行なう企画イベント。利用料金の割引きやプレゼントの贈呈など特典を付けて展開する場合が多い。新しい車種が導入されたときや夏のレジャー、冬のウィンタースポーツなど季節商品の強化など、需要が見込める時期を捉えて行なうことが多い。展開期間も需要が見込める時期となるが、通常時期での需要の掘り起こしや、引越しなどでの利用を促進する通年で展開する場合もある。また、全国的に展開するものと、特定の店舗だけで展開するものもある。

クーラント

クーラント(クーラント)

エンジンの冷却をするための液体で、ラジエーターからエンジン内の通路を循環する。クーラントは「ラジエーター液」とも言い、冬季でも凍らない不凍効果や防錆効果を持っている。通常のクーラントでは、2年ごと(車検ごと)の交換が推奨されているが、5年以上交換不要のクーラントも登場している。交換時期を過ぎて使用すると、クーラントの防錆効果が失われ、ラジエーター内に錆が発生してオーバーヒートの原因になったり、腐食を招いて水漏れなどを引き起こしたりする可能性がある。

クイックチェックイン

クイックチェックイン(クイックチェックイン)

レンタカーを利用するときに、あらかじめレンタカー会社のホームページで注意事項や利用上の取り扱いなどを確認しておくことで、利用当日の手続きを簡便にし、スピーディーに利用ができるようにするサービス。レンタカーの補償内容、事故を起こしたときの負担金、車両トラブルなど、レンタカー利用に関する諸手続について利用者が事前に確認したり、必要事項を記入したりすることで、レンタカー会社から説明を受けることなく、出発時がスムーズになる。

空気圧

空気圧(クウキアツ)

タイヤ内の空気の圧力のこと。タイヤの空気圧は、走行性能や乗り心地に密接にかかわり、燃費にも影響してくる。すべての車には適正な空気圧(指定空気圧)が定められており、自動車メーカーが車ごとに決めている。そのため、タイヤの種類やサイズが同じであっても車によって空気圧が異なる。また、安全性もかかわるため、定期的なチェックを要する。空気圧が不足すると、スタンディングウェーブ現象やハイドロプレーニング現象を起こしやすくなり、安全性に支障をきたす恐れがある。空気圧が高すぎるとタイヤの中央部だけが偏って摩耗し、タイヤ寿命を短くすることになる。

クラッチ

クラッチ(クラッチ)

エンジンの回転動力を駆動輪へ伝える装置。エンジンから駆動輪に完全に力が伝わっている状態は、クラッチが繋がっているときで、反対に駆動輪に全く伝わっていない状態は、クラッチがきれているときである。マニュアルミッション車の場合、クラッチペダルを踏んでクラッチを操作し、発進や変速操作を行なう。上り坂での発進時や路面が滑りやすい状態では、クラッチを完全に繋ぐのではなく、半クラッチを用いて徐々に動力を伝えていく。

クルーズコントロール

クルーズコントロール(クルーズコントロール)

高速道路などで、アクセルを踏まなくても、自動的に設定した速度を保ちながら走行する機能。長距離運転での疲労軽減や燃費向上に効果的とされている。大抵はハンドル付近にスイッチがあり、運転者が自由に速度を設定してスイッチを入れる。手元で設定速度を変えることもでき、スイッチを切ることで解除できる。また、安全確保のため、フットブレーキを踏むことで自動的に解除されるようになっている。さらに発展したものでは、前方車両との車間距離を制御することもできる。

軽自動車

軽自動車(ケイジドウシャ)

日本の自動車分類の中で最も小さい規格の車。排気量が660cc以下で、全長3.4m以下、全幅1.48m以下、全高2m以下のサイズに決められており、定員4名以下、貨物積載量350kg以下と、道路運送車両法で定められている。また、ナンバープレートも黄色と黒に区別されている。軽自動車は、普通自動車に比べて車両価格が安く、税金や保険料などの維持費が少なくて済むことや、コンパクトで扱いやすいことから人気が高い。特に、セカンドカーとして所有することが多く、女性や高齢者に高い支持を得ている。

軽油

軽油(ケイユ)

ディーゼルエンジン車の燃料として使われる石油製品の一種。原油を精製するときに重油より沸点が低いため、重油に対して軽油と付けられた。高出力で熱効率が高いため、負荷の大きい大型車両に最適であるため、大型車両のほとんどがディーゼルエンジンを搭載している。また、ガソリンより税金が安く、燃料コストの低減にもなる。自動車の他に鉄道や軍用車両、建設機械、農業機械などにも用いられている。ヨーロッパでは、普通乗用車でもディーゼルエンジン車の割合が高い。レンタカーで取り扱う車種では、トラックなどがディーゼルエンジン車の場合が多い。

高速道路

高速道路(コウソクドウロ)

自動車だけが通行できる道路で、一般道路とインターチェンジで結ばれている有料道路。高速道路を利用するためには、出入口のゲートを通行して料金精算を行なう。一般道路と違って信号や踏み切りながなく、制限速度も速いスピードが出せるようになっている場合が多い。また、大都市圏では、一般道路の交通渋滞の緩和や移動の円滑化などで、都市圏内を移動するための高速道路が設置されている。交通だけでなく流通面でも役割が大きく、全国や地域の道路網の重要な役割を果たしている。道路の途中には、サービスエリアやパーキングエリアが設置してある。

交通事故証明書

交通事故証明書(コウツウジコショウメイショ)

警察が交通事故の事実を確認したことを証明する書類。交通事故を起こした場合に、加害者または被害者が警察に届け出て発行してもらう。“人身事故”と“物件事故”の2種類がある。証明書には、事故の発生日時、発生場所、当事者の住所・氏名、相手の自賠責保険会社と証明書番号などが記載してある。申請方法は、警察署や交番、自動車安全運転センターなどに備え付けてある申請書に必要事項を記入し、所定の手数料を支払ってセンター窓口か郵便窓口に直接申込む。この証明書がなければ、自賠責保険や任意の自動車保険から保険金が支払われなくなる。

高齢者マーク

高齢者マーク(コウレイシャマーク)

70歳以上の者が普通自動車を運転するときに、車両に表示することを道路交通法によって義務付けられているマーク。「もみじマーク、シルバーマーク」とも呼ばれるが、正式な名称は「高齢者運転標識」。1997年から導入され、導入当時からしばらくは滴のような形状のマークだったが、2011年より四つ葉のクローバーをモチーフにしたマークが登場し、どちらのデザインを表示しても構わない。標識は、マグネットタイプと車内から窓ガラスに吸盤で装着する吸盤タイプがある。

小型自動車

小型自動車(コガタジドウシャ)

日本での自動車区分のひとつで、4輪以上の自動車では大きさが4.7m以下、幅1.7m以下、高さ2.0m以下で軽自動車、大型特殊自動車、小型特殊自動車以外で排気量が2,000cc以下の車両を指す。5ナンバー枠、7ナンバー枠の乗用車、4ナンバー枠、6ナンバー枠の貨物自動車がこの区分になる。これらの車両を運転するためには、普通自動車免許、中型自動車免許、大型自動車免許が必要になる。二輪自動車、三輪自動車もこの区分に入り、二輪自動車は排気量によって普通自動二輪免許(400ccまで)と大型二輪免許で運転できる。

国際運転免許証

国際運転免許証(コクサイウンテンメンキョショウ)

運転免許証を所有する国や地域以外で自動車の運転ができるように発行された許可証。旅行やビジネスなど、海外で車を運転する場合に必要になる。申請は、運転免許試験場や最寄りの警察署で行なう。免許の効力は国や地域によって異なり、最大1年間で、延長する場合は新たに申請を行なう必要がある。本来の運転免許証の付随として発行されるため、運転する場合は本来の運転免許証も携行しなければならない。なお、国際運転免許証は日本の運転免許証のように身分証明書の代わりにはならない場合が多い。

コンパクトカー

コンパクトカー(コンパクトカー)

主に、軽自動車以外の小型自動車に用いられる通称で、明確な定義はない。一般的な普通乗用車で1,000〜1,500ccの排気量、5ナンバー枠のサイズの車を総じて呼んでいる。小型で操作がしやすく、税金や燃料費なども低コストで、それでいて軽自動車には抵抗があるユーザーに支持されており、特に女性からの支持が高い。また、法人車両としても営業車などに導入している場合も多い。最近では、おしゃれなデザインやカーナビなどの快適性を重視した車が各メーカーから発売されている。

ゴールド免許

ゴールド免許(ゴールドメンキョ)

正式には「優良運転免許証」と言い、自動車運転免許の更新をした時点で、過去5年間以内に減点対象となる交通違反を犯していない優良運転者に与えられる免許証。免許証の有効期限欄に金帯が入り、「優良」の文字が付記される。ゴールド免許となる免許更新時は、講習時間も短く費用も安くなり、有効期限は5年間となる。また、任意の自動車保険に加入するときに、ゴールド免許であれば割引優遇を受けることもある。新たな免許を取得するとゴールド免許に切り替わるなど、様々な規定がある。

投稿ユーザ様募集
掲載施設様様募集

投稿ユーザーの方へ

パスワードを忘れた方

投稿ユーザーに登録する

投稿ユーザーに登録される方は、
「投稿ユーザーに登録する」ボタンを
押して下さい。

施設検索/ホームメイト・リサーチ公式キャラクター 歌舞伎パンダ「検太郎」
施設検索/ホームメイト・リサーチLINE公式アカウントをご紹介!
ホームメイト・リサーチ公式アプリ ピカ写メのご紹介!
「ピカ写メ」アプリの機能をご紹介。ダウンロードはこちらから!
施設のお役立ち情報「生活施設辞典」
生活施設に関する、知っておくと便利な情報・役に立つ情報が満載!

施設検索ホームメイトリサーチは、
モバイルでもお楽しみ頂けます。

スマートフォンからも、サイトをご覧頂くことができます。
携帯からも、サイトをご覧頂くことができます。
デバイスイメージ

その他、タブレットでもご覧頂けます。
施設検索ホームメイト・リサーチご紹介ページ

いつでもどこでも「施設検索/ホームメイト・リサーチ」サイトへ一発アクセス!
タブレットやスマートフォンから弊社サイトへすぐにアクセスできる便利なボタンを設定できます。