ご希望のレンタカー会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトレンタカー会社リサーチ

レンタカー会社用語集(は行)



レンタカー会社に関する用語(は行)をご紹介します。

ハイウェイオアシス

ハイウェイオアシス(ハイウェイオアシス)

高速道路のサービスエリア、パーキングエリアに接続している公園や地域振興施設のことで、高速道路から出ることなく施設を利用できる。全国の高速道路に30近いハイウェイオアシスがあり、都市公園や道の駅などと繋がっている。各施設は、地元の市町村や第三セクター企業などによって運営されている。観覧車や水族館など個性豊かな施設もあり、商業施設やイベント開催も充実しているため、高速道路以外からも利用客が増加している。

ハイオクガソリン

ハイオクガソリン(ハイオクガソリン)

ガソリン燃料の中で、レギュラーガソリンよりオクタン価が高いガソリン。一般的に「ハイオク」と言うが、ガソリンスタンド独自の商品名で呼ぶこともある。オクタン価は、ガソリンのアンチノック性を表す数値で、オクタン価が高いとシリンダー内で燃料を燃焼させたときに「ノッキング」と言う異常燃焼が起こりにくくなるため、燃焼が安定する特性がある。高級車やスポーツカーなど高性能エンジン搭載車やターボチャーチャー装着車に使われることが多い。欧米では、ガソリンのオクタン価が日本より高いため、輸入車のほとんどはハイオクを使うことになる。

排気量

排気量(ハイキリョウ)

エンジンの大きさを示すもので、単位を「cc」で表す。エンジンの中にあるシリンダー内で、ピストンが上下運動する範囲の体積と、シリンダー本数をかけたものが総排気量となる。車検証にも記載されており、排気量が大きくなると馬力やトルクも高くなりパワーもアップする。日本の自動車税は、排気量によって細かく分かれており、排気量が大きい程自動車税も高くなる。また、2000ccの車でも実際には2000ccよりわずかに小さく、切りの良い数字に切り上げて表示することが多い。

ハイドロプレーニング現象

ハイドロプレーニング現象(ハイドロプレーニングゲンショウ)

車が水を張った路面を走行しているときに、タイヤと路面の間に水が入り込んで薄い膜を作り、その膜の上を滑るように走るため、ハンドルやブレーキが利かなくなる現象。タイヤの溝が摩耗してなくなっていたり、空気圧が不足したりして排水性が悪くなった場合に起こりやすい。また、スピードを出しすぎたり、路面の水量が多かったりするときにも起こる。この現象が起きると、減速するしか対応手段がないため、タイヤのコンディションをチェックしておくことで防止を図る。

ハイブリッドカー

ハイブリッドカー(ハイブリッドカー)

エンジンと電気モーターの2つの動力源を持った車で、エンジンだけの走行、電気モーターだけの走行、エンジンと電気モーターの同時使用による走行と、条件によって最適な走行方法が採られる。主に、低速域は電気モーターで走行し、高速域をエンジンで走行することで経済性と有害物質の排出量を抑えることに効果がある。ハイブリッドカーの中でも発電と駆動の方式が、シリーズ方式、パラレル方式、スプリット方式の3種類に大別され、現在の国産車はスプリット方式が主流となりつつある。

ハザードランプ

ハザードランプ(ハザードランプ)

正式には「非常点滅表示燈」と言い、緊急時や停車時に前後左右のウインカーを同時に点滅させる装置。すべての車両に装備されている保安装置である。点灯スイッチは運転席周辺にあり、二重の赤い三角マークで目立つようにしてある。夜間時では幅5.5m以上の道路に停車、または駐車する際にハザードランプからテールランプを点けることが道路交通法で義務付けられている。また、高速道路などでは前方が渋滞していることを後続車に知らせるために、ハザードランプを使うこともある。

ハッチバック

ハッチバック(ハッチバック)

自動車の分類の一種で、ボンネットのある車の中で、後部のトランクスペースのバックドアが跳ね上げ式になっているタイプ。船のハッチに似ていることからその名が付けられた。トランクスペースが少ない車で、大きな荷物や長い荷物の出し入れを容易にするために設置されているケースが多い。主に、コンパクトカーやスポーツカー、軽自動車に採用されている。メーカーによって固有の呼称があり、セダンタイプでもハッチバックと呼ぶ車もあり、逆にクーペタイプでもハッチバックと呼ばない車もある。

発炎筒

発炎筒(ハツエントウ)

自動車に常備され、緊急時に使用する赤い炎を発する非常灯。後続車に対して前方に障害物があったり、緊急で車が停車していることを知らせたりなど、危険を回避するために用いられる。正式名称は、「自動車用緊急保安炎筒」で「非常信号灯」などとも言う。道路運送車両法の保安基準によって装備が義務付けられている保安常備品である。燃焼時間は5分以上で、赤色の炎は160カンデラ以上と、明るさまでも定められている。有効期限は4年で、4年ごとに交換しなければならない。

バックミラー

バックミラー(バックミラー)

後方や後側方を確認するための反射鏡。乗用車では室内のルームミラーと、左右のサイドミラーがある。ルームミラーは主に、後続車の有無を確認し、サイドミラーは車線変更で移動する車線の後続車を確認したり、駐車をするために後方への障害物などを確認したりすることに使用する。トラックやバスなどでは死角が多いため、通常のバックミラーに加えて、車体の左前部に視認性の広い凸面鏡のバックミラーも用いられる。ルームミラーは、夜間時の後続車の照明からまぶしさを低減するために、コーティングによって反射率を低くさせるものもある。

バッテリー

バッテリー(バッテリー)

電気系統への電力供給を行なう蓄電池で、エンジンが回転している間はオルタネーターによって電力供給すると共に、バッテリー自体も充電する仕組みになっている。鉛合金を素材とした+極・?極の端子と、希硫酸の電解液で構成されており、その化学反応で放電・充電する。エンジンをかけずに電装品を使いすぎるとバッテリー上がりとなり、エンジンをかけることもできなくなる。また、バッテリー液がなくなると安定した電力供給ができず、故障の原因になるため、定期的な交換が必要である。

バン

バン(バン)

貨物自動車で荷台が屋根に覆われているもの。荷物室に窓がないパネルバンや積載量の少ないライトバンなどがある。日本では2ボックス、1.5ボックス、ワンボックスの車体形状があり、荷物室が確保され、さらに後部座席を折りたたんで荷物室を拡大できる。バックドアは、ハッチタイプのものが多く、主に商用として運搬や配送などに利用される。2ボックスは、乗用車のステーションワゴンと車両形状が似ているが、自動車区分の違いなど異なる点が多い。

バンパー

バンパー(バンパー)

追突などから衝撃や振動を和らげるための緩衝部品のこと。素材自体の弾力性やバネなどによって衝撃を吸収したり緩和したりする。緩衝力素材としては、鉄やポリプロピレン、FRPなど様々だが、リサイクルしやすい素材が主流になり、金属系のバンパーは減少しつつある。日本では、バンパーもボディーの一部とする意識が高く、デザインも一体性を持たせており、傷がつくと補修することが多い。一方、欧米では緩衝部品として意識が強く、傷が付いてもそのまま放置する傾向がある。

パーキングエリア

パーキングエリア(パーキングエリア)

高速道路などに設置される休憩施設で「PA」と略される。施設内には、駐車場やトイレの他に、売店、自動販売機、軽食コーナーなどがあり、サービスエリアに比べて小規模で、簡易的な設備となっている。主に、運転途中の休憩場所としての利用が多い。サービスエリアでは、施設や設備が充実していることや、大型バスなど団体客も多いことから混雑することが多い。これに対してパーキングエリアのほとんどは、サービスエリアほど混雑することがなく、比較的落ち着いて休憩がとれるメリットがある。その一方で、大規模の駐車スペースを持ったものや、レストランや給油設備があるパーキングエリアも存在する。

パワーウィンドウ

パワーウィンドウ(パワーウィンドウ)

電動で開閉できる窓のこと。ドア部内側に取り付けられたスイッチを操作して開閉を行なう。運転席では、すべての窓の開閉ができるように集中方式を採ってある。また、操作ひとつで窓が全開・全閉できるワンタッチ式を運転席だけに採用している車が多い。幼児や児童が誤ってスイッチを操作して、指や首を挟むケースが多かったため、開閉スイッチをロックする機構が装備されている。一部の車種では、さらに開閉途中で異物を感知したり、ガラスに触れたりすると開閉を停止する安全装置が搭載されている。

パワーシート

パワーシート(パワーシート)

シート内部にモーターが内蔵されて、電動で位置を調整できるシート。手動での位置調整より細かな調整ができるメリットがあり、主に運転席と助手席に装備される。シートを前後にスライドさせてハンドルとの距離を適正にしたり、膝部分が上下して高さを調整したり、リクライニングの角度を調整したりすることができる。高級車などでは、設定したシートポジションを記憶させることで、他人の運転など設定が変えられてもワンタッチで自分のポジションに戻すことができる。

パワーステアリング

パワーステアリング(パワーステアリング)

運転者がハンドルを回すときにかける力を補助して、楽にハンドル操作ができる装置のこと。本来、低速や停車時では、車重と路面との摩擦によってハンドルを回すために大きな力が必要となるが、油圧や電動によってその力を補助する。油圧式は、エンジンによって作動するため、走行時の燃費を悪くすることになり、今ではエンジン出力を直接利用しない電動式を採用していることが多い。ほとんどのパワーステアリングが、低速や駐車時では効きが強く、高速時では安全のために効きが弱くなる速度感応式となっている。

パンク

パンク(パンク)

タイヤが損傷したりして、内部の空気が漏れてしまい走行できない状態。パンクには、タイヤの空気が徐々に減っていく“スローパンクチャー”、破裂して一気に大きな穴が空いたり、タイヤの構成品が損傷して穴が空いたりして、急激に空気が抜ける“カット・コード”、タイヤ自体が飛散する“バースト”といった状態がある。スローパンクチャーは、釘や小石などがタイヤに刺さったりして起こる。バーストは、スタンディングウェーブ現象によって発生したりする。いずれにしても、日常のタイヤの溝や空気圧のチェックで防止できる。

ピラー

ピラー(ピラー)

車の窓の柱ことで、以前は屋根を支える柱だったが、近年は車の剛性や衝突安全性にもかかわっている。自動車の種類や形状、車種によってピラーの数は異なり、通常は2〜4本ある。前から順に「Aピラー、Bピラー」と呼ぶが、3本の場合は「フロントピラー、センターピラー、リアピラー」と呼ぶこともある。ピラーの太さも様々で、高級車などはプライバシー保護からリアピラーが太くなっている車が多い。また、センターピラーがない乗用車は「ハードトップ」と呼ばれ、センターピラーを残したハードトップは「ピラードハードトップ」と呼ばれる。

フェード現象

フェード現象(フェードゲンショウ)

摩擦ブレーキシステムの連続使用により、走行中にブレーキの利きが悪くなり制動力が低下すること。主に、ドラムブレーキに発生しやすい現象で、ブレーキを連続的に使用すると摩擦材(ドラムシュー)の素材が異常に加熱され、耐熱温度を超えて分解・ガス化し、摩擦材とブレーキローターの間に入り込んで摩擦係数を小さくしてしまうことで起こる。この現象を防ぐには、エンジンブレーキを活用するか、最初から減速しておくことが必要。フェード現象の発生後もブレーキをかけ続けるとベーパーロック現象を引き起こし、制動力が完全に利かなくなる恐れがある。

フェンダーミラー

フェンダーミラー(フェンダーミラー)

バックミラーの一種で、ボンネットの前方の両端に設置されたミラー。道路運送車両法が改正される1983年以前は、ほとんどの車のサイドミラーがこのタイプだったが、1983年以降はサイドミラーがドアミラーの主流となり、現在はオプション設定によるものか、タクシーやハイヤーくらいに減少している。ドアミラーとフェンダーミラーとでは機能的に大きな差はないが、ドアミラーで後方を確認するときに頭全体が動くが、フェンダーミラーでは目線を移すだけで確認できるため、安全性の確保が高いとされている。また、車幅感覚も分かりやすいなどのメリットがある。

フォグランプ

フォグランプ(フォグランプ)

霧が発生したときに視界を確保するために点灯させる補助灯。主に、フロントバンパーの左右両端に設置される。ヘッドライトと違って黄色の光源で、車の近くの広い範囲を照らすように設計されてあり、対向車からの視認性も高い。大型車では、補助灯として利用されることが多い。法規上では装備の義務づけはされていないが、車種やグレードによって装備されているものもある。高山地域や湖沼の近くなど、霧が発生しやすい場所を走行する機会が多い車には装着の必要性がある。

福祉車両

福祉車両(フクシシャリョウ)

体の不自由な人の運転や乗降時に、体への負担が少ないように改良してある車両。運転では、手足の不自由な人の運転のために、運転補助装置が取り付けて操作を楽にしている。乗降では、リフトが装備してあって車イスに乗ったまま乗車できたり、助手席や後部座席が回転・昇降して楽に乗り降りができたりなど、様々な設備が装備されている。また、スライドドアや低床仕様など細かい点にも利便性を備えている。購入に際して公的補助も受けられる。

フットブレーキ

フットブレーキ(フットブレーキ)

走行している車を減速させたり、停止させたりするための制動装置。自動車では、ブレーキペダルを足で操作し、サイドブレーキ(パーキングブレーキ)と区別するためにこの名称となっている。大別すると“ディスクブレーキ”と“ドラムブレーキ”があり、どちらか一方か、両方の組み合わせが採用されている。ディスクブレーキは、円盤形のディスクを左右から挟むようにパッド押し当てて制動する仕組みで、ドラムブレーキは、車輪と一緒に回転する円筒形ドラムの内側にブレーキシューを押し付けて制動する仕組みとなっている。

フットペダル

フットペダル(フットペダル)

運転席の足元にあって、足で操作するためのペダル。マニュアルミッション車の場合は、アクセルペダル、ブレーキペダル、クラッチペダルの3つのペダルが並び、オートマチック車の場合は、アクセルペダルとブレーキペダルの2つだけである。車の運転では、加・減速や制動は足での操作となり、状況に応じてペダルの踏み込み方が異なり、経験と判断が求められる。例えば、マニュアル車の坂道での発進では、クラッチペダルとブレーキペダルを同時に操作することになり、ある程度の経験を積むことでスムーズな発進ができる。

フルフラットシート

フルフラットシート(フルフラットシート)

すべてのシートを倒すと平面になるタイプのシート。ファミリー向けのワンボックスに多く採用され、レジャーやスポーツなどでくつろいだり睡眠を取ったりするときなどに便利。シートの形状もフラット状態に合わせて設計してあり、表面は極端な凹凸がないものが多い。フルフラットにするときは、ヘッドレストをはずす必要がある。フルフラットのままで走行することは大変危険であり、乗員の安全確保のためにも停車中にのみ使用するようにする。

フロントガラス

フロントガラス(フロントガラス)

車室内の前面に装着してあり、運転中などの前方視界を確保する大きなガラス。ほとんどの車には、2枚のガラスの間に合成樹脂のフィルムを挟み込んだ合わせガラスが採用されている。フロントガラス以外の窓には強化ガラスが使われ、合わせガラスの強度は強化ガラスより弱いが、割れやすくすることで、追突などの衝撃を緩和する働きがある。小石などが当たると、蜘蛛の巣状にひびが入って、ガラスの飛散を抑える。視界確保の他に雨や雪、風などを遮断し、遮音、遮熱などの役割もある。

フロントグリル

フロントグリル(フロントグリル)

車の先端部にあり、左右のヘッドライトに間にある部分。特徴あるデザインを採用し、自動車メーカーのエンブレムなどを装着して、車の個性や自動車メーカーの独創性を引き立たせる顔的な役割を持つ。その一方で、ラジエーターの冷却水を冷やすための空気を取り入れ口となっており、エンジン性能を引き出す重要な役割もある。「グリル」とは網を意味し、かつては冷却性能を高めるために金網が使われていた。現在は、アルミ製や樹脂製がほとんどとなっている。

ヘッドライト

ヘッドライト(ヘッドライト)

自動車の前部左右に搭載されている照明装置で、「前照灯」や「ヘッドランプ」とも言う。夜間時やトンネル内など、前方の視界を確保するために使用する。また、対向車に自車の存在を知らせることにも有効である。ヘッドライトは、遠方を照らすハイビームと、車両のやや前方下を照らすロービームがあり、通常はロービームでの走行となる。光源としては、ハロゲンランプが最も多く採用されているが、フェラメントのないHIDランプやLEDランプの採用が増加している。

ベーパーロック現象

ベーパーロック現象(ベーパーロックゲンショウ)

坂道などでフットブレーキを踏み続けると、ブレーキの伝達経路に気泡が発生して、ブレーキが利かなくなる現象。高速で走行しているときに強くブレーキをかけたり、長い下り坂でフットブレーキを踏み続けたりすると、液圧式のブレーキではブレーキキャリパが加熱し、ブレーキフルードの一部が沸騰して気泡が発生する。この気泡によって制動力を伝えられなくなり、ブレーキペダルを踏んでも利かない状態になる。エンジンブレーキを使い、フットブレーキを踏む頻度を減らすことで、この現象から回避できる。

法人向けレンタカー

法人向けレンタカー(ホウジンムケレンタカー)

企業や公益団体など、法人組織に貸し出すレンタカーで「ビジネスレンタカー」とも言う。個人向けとは異なり、月単位や年単位と長期間の利用が見込める。点検や車検、任意自動車保険、税金などはレンタカー会社が管理する。このため、法人側は車両を所有する固定費が削減でき、従業員の人数に合わせて車両の増減が図れるメリットがある。カーナビなどの設備も装着でき、法人特別料金など、利用者側に有利な特典なども付加されることが多い。

ボンネット

ボンネット(ボンネット)

エンジンルームの上にある鉄板でできたカバー。エンジンやバッテリーなどを外部から保護するだけでなく、車のフォルムを印象づける役割も果たす。前方に「ラッチ」と言う掛け金で固定され、掛け金を外すレバーやスイッチはほとんどの車が車室内にある。エンジンルームをチェックするときなどは、金属の支持棒でボンネットを支える。外国車ではボンネットダンパーによって支持する車もある。また、ボンネット上にはウィンドウウォッシャーの噴出口が設置されている。

ポンピングブレーキ

ポンピングブレーキ(ポンピングブレーキ)

ブレーキペダルを踏むときに、足を押し付けて一気に踏むのではなく、踏み込みと引き離しを繰り返す運転技術のひとつ。踏んだり離したりする動作がポンプのようであるため、この名称となった。急ブレーキなどで一気にブレーキペダルを踏み込むと、タイヤがロックしてスピンしたり、路面を滑ったりする可能性がある。この現象を防ぐために、足で操作して制動距離を最小限に抑える。ABSは、この操作を自動で行なう装置であるため、ABS装着車には必要ない。

投稿ユーザ様募集
掲載施設様様募集

投稿ユーザーの方へ

パスワードを忘れた方

投稿ユーザーに登録する

投稿ユーザーに登録される方は、
「投稿ユーザーに登録する」ボタンを
押して下さい。

施設検索/ホームメイト・リサーチ公式キャラクター 歌舞伎パンダ「検太郎」
施設検索/ホームメイト・リサーチLINE公式アカウントをご紹介!
ホームメイト・リサーチ公式アプリ ピカ写メのご紹介!
「ピカ写メ」アプリの機能をご紹介。ダウンロードはこちらから!
施設のお役立ち情報「生活施設辞典」
生活施設に関する、知っておくと便利な情報・役に立つ情報が満載!

施設検索ホームメイトリサーチは、
モバイルでもお楽しみ頂けます。

スマートフォンからも、サイトをご覧頂くことができます。
携帯からも、サイトをご覧頂くことができます。
デバイスイメージ

その他、タブレットでもご覧頂けます。
施設検索ホームメイト・リサーチご紹介ページ

いつでもどこでも「施設検索/ホームメイト・リサーチ」サイトへ一発アクセス!
タブレットやスマートフォンから弊社サイトへすぐにアクセスできる便利なボタンを設定できます。