【レンタマップ】レンタカー/レンタカー会社ブログ|レンタカーライフ!

初心者がレンタカーを借りる際に気になるのが、車に設定されている各種保険や免責補償のこと。安心して旅行や帰省、出張を楽しむためにも、できるだけ手厚い補償や自分に合ったサービスを受けられるレンタカー会社を選びたいものです。今回の記事では、主なレンタカー会社を取り上げ、それぞれの保険や免責補償のプランをご紹介します。

車谷 剛と車谷 有希
全国のレンタカー会社をお探しなら「レンタマップ」
ブログコンテンツTOP
  • 文字サイズ

記事

2018年9月27日

補償が手厚いレンタカー会社はどこ?各社の保険・免責補償を徹底比較

補償が手厚いレンタカー会社はどこ?各社の保険・免責補償を徹底比較

レンタカーを借りての楽しい長期旅行。しかし、運転慣れしていない初心者やペーパードライバーにとって気がかりなのは、やはり万が一事故を起こしてしまった場合のことです。

その不安を払拭し、心置きなくドライブを満喫するために、極力、事故を起こしたり故障したりした際の補償が手厚いレンタカー会社から車を借りたいところ。

そこで今回は、大手レンタカー会社から格安レンタカー会社まで、保険免責補償の内容を徹底比較します。ぜひ、レンタカー会社を選ぶときの参考にして下さい。

これだけは押さえておきたい「自動車保険のイロハ

これだけは押さえておきたい「自動車保険のイロハ」

保険や補償の充実したレンタカー会社を利用しようと思っても、「そもそも記載されている自動車保険の内容がいまいち分からない」という人は多くいます。あらかじめ用語の内容を押さえておきましょう。

自賠責保険

自動車保険には、運転者が加入しなければならないと義務化されている「自賠責保険」と、加入するかどうかを自由に選べる「任意保険」の2つがあります。

テレビコマーシャルなどで保険会社が紹介している自動車保険は任意保険。事故などを起こした際に、自賠責保険だけではまかないきれない部分を補償するのが任意保険の役割です。

レンタカー会社のホームページやパンフレットの保険・補償内容欄に「自賠責保険含む」と書かれていた場合、補償の上限金額は自賠責保険と任意保険を合わせた金額という意味になります。

任意保険

レンタカーに限らず、車にかけられる任意保険の内容は下記の4種類。

対人賠償保険

人身事故など、人に損害を与えた場合に相手方への賠償を補償する保険です。

対物賠償保険

事故の相手方の車や破壊した物に対する賠償を補償します。

莫大な賠償金を要求されるのは対人賠償のみだと思われがちですが、店舗に車で突っ込んだりした場合には、店の修理代のみならず営業停止している間の従業員の給料まで支払わなくてはなりません。億単位の賠償金を請求される事例もありました。

車両保険

自身が運転している車の損害を補償する保険。車の時価に合わせて、補償の上限金額が決まっている場合が多くあります。

人身傷害保険

自身や車の同乗者が事故によって亡くなったり、ケガをしたりした場合の治療費などを補償する保険です。レンタカーの場合、多くは運転者の過失割合にかかわらず1名につき3,000万円が補償の上限金額。

対人賠償保険、対物賠償保険には補償金額に制限がある物と無制限の物がありますが、大手レンタカー会社のほとんどが無制限で設定してあるため、仮に事故で大きな損害を与えてしまったとしても補償に問題はありません。

また、対物賠償保険、車両保険に関しては、事故を起こした際には免責額と言って5~10万円の自己負担金を支払う必要があります。

しかし、レンタカー会社各社が用意している「免責補償」サービスに加入していれば、免責額分のお金を請求されずに済むため、レンタカーを借りる際には確認しておきましょう。

※NOC(ノン・オペレーション・チャージ)とは

免責額の他にも、事故を起こしたり車に傷を付けたりすると請求される可能性があるのが、NOC(ノン・オペレーション・チャージ)です。

NOCとは、事故や盗難、利用者が原因で起こった故障や汚損等によって、レンタカー会社がレンタカーを他のお客様に提供できなくなった場合、営業できない期間の休業補償として利用者が支払うお金のこと

基本は2万円、自走できないときには5万円という金額を設定している会社がほとんどとなります。

「事故を起こした覚えがないのに、小さな傷を指摘されてNOCを払わされた」と訴えるトラブルも相次いでいるため、可能であればNOCが免除になるプランをあらかじめ申込んでおきましょう。

パンク・タイヤの損傷も補償「タイムズカーレンタル

パンク・タイヤの損傷も補償「タイムズカーレンタル」

駐車場やカーシェアリングのサービスで有名な、タイムズモビリティネットワークス株式会社が運営しているレンタカー会社です。保険と補償の内容は、基本的に次の通りになります。

  • 対人賠償保険:ひとりにつき無制限(自賠責保険3,000万円を含む)
  • 対物賠償保険:1事故につき無制限(対物補償免責額5万円)
  • 車両保険:1事故につき時価(車両補償免責額5万円、普通貨物車・マイクロバス・特種用途車は10万円)
  • 人身傷害保険:ひとりにつき3,000万円まで

タイムズカーレンタルでは上記の「標準補償コース」に加え、「免責補償コース」「安心補償コース」も用意。

免責補償コース

「標準補償コース」の内容に加え、事故時の対物補償免責額(5万円)と車両補償免責額(5万円または10万円)を利用者が負担しなくて済むコースです。車種によりますが、24時間あたり1,080~2,160円で加入可能。出発前に申請をしましょう。

安心補償コース

「免責補償コース」の内容に加え、NOCの支払い免除サービスを受けられます。

また、普通は車両保険では補償されないパンク、タイヤの損傷、ホイールキャップの紛失などにも対応してもらえるのが嬉しいところです。

落輪時の引き上げやバッテリージャンピングなどのロードサービスが充実しており、初めての土地に行く場合や運転慣れしていない場合は入っておきたいプラン。

少々価格はお高めですが、迷ったときには「業界で最も手厚い」と言われているタイムズカーレンタルの補償を選ぶのが賢い判断と言えます。

ガス欠時の補給が1回無料「ニッポンレンタカー

ガス欠時の補給が1回無料「ニッポンレンタカー」

ニッポンレンタカーは、日本トップクラスの営業所数や24時間営業が特徴のレンタカー会社。保険と補償の内容は、基本的に次の通りになります。

  • 対人賠償保険:ひとりにつき無制限(自賠責保険3,000万円を含む)
  • 対物賠償保険:1事故につき3,000万円まで(対物補償免責額5万円)
  • 車両保険:1事故につき時価(車両補償免責額5万円、ただし乗用車やトラックの一部車種とマイクロバスは10万円)
  • 人身傷害保険:ひとりにつき3,000万円まで

貸渡時に「安心コース」に加入すると、人身傷害保険の上限補償金額がひとりにつき5,000万円まで引き上げられるうえ、5つのロードサービス、電話案内サービス、返車時間超過安心サービス、中途解約安心サービスなど保障が充実しているレンタカー会社です。

5つのロードサービス

「タイヤ周りのトラブル補償」「バッテリージャンピング」「ガス欠時の補給」などのよくあるトラブルに対応してもらえるサービス。

ただしガス欠時の補給に関しては、補給量に制限があり、無料対応は1貸渡につき1回しかできません。「インロック」や「落輪時の引き上げ」にも対応しています。

電話案内サービス

道に迷ったとき、最寄りのガソリンスタンドまで案内を受けられる「ガソリンスタンド案内」や「道路案内」、24時間ネットワークが緊急代車の手配をサポートする「レンタカーサポート」などのサポートが受けられるサービス。

またレンタカーが自走不可になった場合、目的地まで公共交通機関手段を案内する「代替交通手段のご案内」、自走不可かつ交通機関で移動できない場合、最寄りの宿泊所を案内する「宿泊案内」のサービスも利用可能です。突然のトラブルに対応しにくい旅先で便利なサービスとなっています。

返車時間超過安心サービス

渋滞などに巻き込まれて返却予定時間にレンタカーの返却ができない場合、返却予定だった時間の1時間前までに営業所へあらかじめ連絡しておくことで、最大3時間まで超過料金が半額になるサービス。

中途解約安心サービス

急用などで早めに返却する場合、中途解約手数料が無料になるサービスです。ただし出発の際に、12時間以内の基本料金で借りている場合は利用できません。

また「車両・対物事故免責額補償制度(CDW)」「NOC補償制度(ECO)」に追加で申込むことで、いざというときに免責額とNOCを負担しなくてもよくなります。CDWは24時間あたり1,080~2,160円で、ECOは24時間あたり432円で加入可能。

このように、ニッポンレンタカーは人身傷害保険の上限補償金額が高めに設定されていることと、補償とあわせて充実したオプションが用意されていることが最大の特徴と言っても過言ではありません。

ただし、「レンタカーを利用するために必要な免許を取得して1年が経過していない人」「21歳未満の人」「過去に事故があり、ニッポンレンタカーが不適当と認めた人」はCDW及びECOへの加入が断られる可能性があるため、該当する場合は他のレンタカー会社を選択肢に入れておくと良いでしょう。

営業店全国1,200ヵ所以上は業界最大級「トヨタレンタカー

営業店全国1,200ヵ所以上は業界最大級「トヨタレンタカー」

トヨタレンタカーは、業界最大のレンタカー保有台数と、全国1,200ヵ所あまりの店舗数を誇る大手レンタカー会社です。言わずと知れたトヨタのグループ会社なので、利用者から高い信頼を寄せられています。保険と補償の内容を、ご説明しましょう。

  • 対人賠償保険:ひとりにつき無制限(自賠責保険の補償額を含む)
  • 対物賠償保険:1事故につき無制限(対物補償免責額5万円)
  • 車両保険:1事故につき時価(車両補償免責額5万円、ただしバス・大型貨物車は10万円)
  • 人身傷害保険:ひとりにつき3,000万円まで

さらに、車が動かなくなった際の車両搬送サービスや、ガス欠時の燃料補給、落輪時の引き上げなど、付帯のロードサービスを利用可能。

24時間あたり1,620円の「トヨタレンタカー安心Wプラン」に加入すれば、免責補償制度とNOCの支払い免除を受けることができます。

また、あわせて損傷タイヤの修理代やホイールキャップ紛失時の補償も受けられるため便利です。

インロックなどの緊急時対応が充実「オリックスレンタカー

インキーなどの緊急時対応が充実「オリックスレンタカー」

オリックスレンタカーは、トヨタレンタカーに次ぐ業界第2位のレンタカー会社。基本的な保険と補償の内容は、シートベルト着用を条件とした上で、次の通りになります。

  • 対人賠償保険:ひとりにつき無制限(自賠責保険の補償額を含む)
  • 対物賠償保険:1事故につき無制限(対物補償免責額5万円)
  • 車両保険:1事故につき時価(車両補償免責額5万円。ただし2t以上のトラック、ダブルキャブは7万円。アルミバン、マイクロバス、架装車は10万円)
  • 人身傷害保険:ひとりにつき3,000万円まで

また、緊急時の対応が充実しており、バッテリーのジャンピングやガス欠時の燃料配達から、インロック時の鍵開けなどについてもサポートを受けることが可能です。

免責補償制度及びNOC支払い免除のプランとして用意されているのは、CDW「レンタカー安心パック(RAP)」の2つ。CDWは、車種に応じて24時間あたり1,080~2,160円で加入を申請できるため、心配な人は申請しましょう。

RAP

オリックスレンタカーの提供する、NOCの支払い免除を受けられるサービス。車種に応じて24時間あたり648~1,296円で加入を申請できます。

それだけでなく、「損傷タイヤの修理代、またはタイヤ代が無償」「返却予定時間の1時間前までに連絡をすれば、超過1時間まで返車追加料金が無料」「予定より早く返却した場合、差額を全額返金」など、様々な特典があるのが魅力です。

格安レンタカーでもしっかり補償「ニコニコレンタカー

格安レンタカーでもしっかり補償「ニコニコレンタカー」

ニコニコレンタカー「12時間2,525円」という激安価格で全国に展開している格安レンタカー会社です。基本的な保険と補償の内容は、次の通りになります。

  • 対人賠償保険:ひとりにつき無制限(自賠責保険の補償額を含む)
  • 対物賠償保険:1事故につき無制限(対物補償免責額5万円)
  • 車両保険:1事故につき時価
  • 人身傷害保険:ひとりにつき3,000万円まで

免責補償制度及びNOC支払い免除のプランとして用意されているのは、CDW「免責補償プラス」の2つ。

CDWは、24時間あたり1,080円で加入可能です。ただし「レンタカーを利用するために必要な免許を取得して1年経過していない人」「21歳未満の人」「過去に事故があり、ニコニコレンタカーが不適当と認めた人」はCDWへの加入を断られる可能性があるため、該当する場合は他のレンタカー会社も検討するようにしましょう。

24時間あたり540円で「免責補償プラス」に入れば、事故を起こした際にNOCを支払う必要がありません。

ニコニコレンタカーの免責補償プランを利用するときに注意して欲しいのは、「自損事故の場合、車両免責の補償は受けられない」という点。電柱やガードレールへの衝突、転落・転覆、当て逃げなどが自損事故に該当します。

運転を誤って電柱にこすってしまった、と言ったケースではCDWや「免責補償プラス」に加入していても免責補償を受けることができません。

オプションで補償の幅を選べて安心「日産レンタカー

オプションで補償の幅を選べて安心「日産レンタカー」

日産レンタカーは、豊富な車種と予約の手軽さで高い評価を得ている日産自動車グループのレンタカー会社。

保険や免責補償のプランもひと通り揃えられています。基本料金に含まれている保険と補償の内容を見ていきましょう。

  • 対人賠償保険:ひとりにつき無制限(自賠責保険3,000万円の補償額を含む)
  • 対物賠償保険:1事故につき2,000万円まで(対物補償免責額5万円)
  • 車両保険:1事故につき時価(車両補償免責額5万円。ただし1ナンバーのトラック、マイクロバスについては10万円)
  • 人身傷害保険:ひとりにつき3,000万円まで(介護が必要になる後遺障害1級、2級、3級に定められる症状の場合は6,000万円が限度)

さらに車種に応じて24時間あたり1,080~2,160円で加入できる免責補償制度「日産安心サポートプラン(NAS)」「NOCサポートプラン」の3つが任意のプランとして用意。

NAS

予約の際、あるいは契約時に申込み可能なプランです。車種により、24時間あたり540~2,700円で加入できます。NASを申込んでおくと、下記のように補償の幅が拡大。

  • 対人賠償保険:ひとりにつき無制限(自賠責保険3,000万円の補償額を含む)
  • 対物賠償保険:1事故につき無制限(対物補償免責額5万円)
  • 車両保険:1事故につき時価(車両補償免責額5万円。ただしマイクロバス、1ナンバーのトラックは10万円)
  • 人身傷害保険:ひとりにつき5,000万円まで(介護が必要になる後遺障害1級、2級、3級に定められる症状の場合は1億円が限度)

またNASに入っておくと、バッテリージャンピングのときやタイヤがパンクしたとき、インロックのときなどに、日産レンタカーが負担してくれますが上限は2万円です。

NOCサポートプラン

事故を起こした際、NOCの支払いが免除されるプランで、24時間あたり540円、免責補償制度及びNAS同時加入の場合、324円になります。

ただし「レンタカーを利用するために必要な免許を取得して1年が経過していない人」「21歳未満の人」が運転者の場合、免責補償制度・NAS・NOCサポートプランへの加入を断られる可能性がありますので、注意しましょう。

こすっても安心の車外装備品も補償対象「バジェット・レンタカー

こすっても安心の車外装備品も補償対象「バジェット・レンタカー」

日本唯一の国内外統一ブランドとして、北海道から沖縄まで展開を広げているレンタカー会社。

大手レンタカー会社と比べると店舗数こそ多くありませんが、その補償プランは優秀の一言です。基本料金に含まれている保険と補償の内容は、次の通りとなっています。

  • 対人賠償保険:ひとりにつき無制限(自賠責保険3,000万円の補償額を含む)
  • 対物賠償保険:1事故につき無制限(対物補償免責額5万円)
  • 車両保険:1事故につき時価(車両補償免責額5万円。ただし乗用車の一部車種、ワゴン、ミニバン、マイクロバス、特装車は10万円)
  • 人身傷害保険:ひとりにつき3,000万円まで

その他、免責補償とNOCの支払い免除を含めた「セーフティパック」に24時間あたり2,000円で加入可能。

セーフティパックは、免責補償・NOC支払い免除のみならず、3つの補償サービスが受けられるものです。それぞれを見ていきましょう。

まずひとつ目が、「タイヤ周りのトラブル補償」。タイヤのパンクやホールキャップの損傷、ホイール損傷の際のタイヤ代・修理代が無償となります。

2つ目はカーナビやバックミラー、ケーブルといった車内装備品が損傷した際の修理代が無償となる「車内装備品の損害補償」です。

3つ目はサイドミラーやワイパーなど、慣れない車での運転だとこすりやすい車外装備品の損害に対応する「付属品の損害補償」となります。

バジェット・レンタカーの補償プランの大きなウリは、他のレンタカー会社ではなかなか見られない細やかなサービス。駐車が苦手な人や、慣れていない道を走るのは怖いという人には良いでしょう。

格安でも基本料金で最低限はきっちりカバー「100円レンタカー

格安でも基本料金で最低限はきっちりカバー「100円レンタカー」

10分100円という驚異の低価格で全国に展開している格安レンタカー会社。

引越しや外出など、「ちょい乗り」したい人にはうってつけのレンタカー会社ですが、最低限の保険・補償もきちんと備えられています。基本料金に含まれている保険と補償の内容は次の通りです。

  • 対人賠償保険:ひとりにつき無制限
  • 対物賠償保険:1事故につき無制限(対物補償免責額5万円)
  • 車両保険:1事故につき時価(車両補償免責額5万円)
  • 人身傷害保険:ひとりにつき3,000万円まで

加入できる免責補償制度は、車種にかかわらず24時間あたり1,080円。

NOCの支払い免除プランはないため、万一事故を起こした場合や車を汚してしまった場合は、免責補償制度に加入していても2~5万円のNOCを支払わなくてはなりません。車が自走不可能なときには、会社指定の工場までのレッカー代も利用者負担となります。

また、利用料金が驚く程安い分、補償プランの加入条件や支払い条件がやや厳しめです。

「シートベルトを着用していない人」「レンタカーを利用するために必要な免許取得後1年未満の人」「21歳未満の人」「過去に事故があり、100円レンタカーが不適当と認めた人」は、免責補償制度への加入は不可。

さらに、自損事故の場合は車両免責額への補償が適用されないというところにも注意しましょう。

運転に自信がある方におすすめ「ガッツレンタカー

「地域最安値」をキャッチコピーとして掲げ、24時間2,000円という驚異的な安さで注目を集めているレンタカー会社です。

中古車の使用、車種選択の廃止、使用車両の統一、ネット・電話中心の予約システムの採用など、徹底的にコストカットを行なう一方で、最低限の保険や補償も備えています。

基本料金に含まれている保険と補償の内容を確認していきましょう。

  • 対人賠償保険:ひとりにつき無制限(対人賠償免責額5万円)
  • 対物賠償保険:1事故につき無制限(対物補償免責額5万円)
  • 車両保険:1事故につき時価(自走で返却の場合、車両補償免責額5万円。それ以外の場合10万円)
  • 人身傷害保険:ひとりにつき3,000万円まで(人身傷害免責額5万円。入院・通院は事故発生日から数えて180日間までが限度)

ガッツレンタカーでは24時間あたり1,080円でCDWに加入可能。しかし、契約者本人のみの適用となるため、複数人で交代しながら運転する場合は、契約時に運転者全員のCDWへの加入申込みが必要です。

また「シートベルトを着用していない人」「レンタカーを利用するために必要な免許取得後1年未満の人」「21歳未満の人」「70歳以上の人」「過去に事故があり、ガッツレンタカーが不適当と認めた人」はCDWへの加入不可となっています。

またガッツレンタカーではNOCの支払い免除プランがありません。自走可能な場合のNOCが3万円、自走不可の場合のNOCは5万円で設定されており、運転に不安がある人には不向きです。

加えて、レンタカー利用中の事故が増加していることもあり、低価格を維持するため、法令違反による運転や不適切な運転をした場合、利用者は自動車保険が使用できなくなります。

それだけでなくレンタカー車両を全額弁償し、営業保障及び過失損害金として20万円を支払わなくてはなりません。またわき見運転等前方不注意(追突事故)の事故においては、利用者は追突損害金として5万円を支払わなくてはなりません。

そのことを考慮すると、運転に自信があり、とにかく費用を安く抑えたいという人向けのプランです。

※この記事は、2018年5月時点の情報に基づいて作成されています。

※当サイトは原則「リンクフリー」と致しております。

近くのレンタカー会社を検索する

北海道宮城東京神奈川埼玉千葉愛知大阪兵庫福岡その他の地域

ページの先頭へ戻る