【レンタマップ】レンタカー/レンタカー会社ブログ|レンタカーライフ!

レンタカーで万が一、交通事故を起こしてしまった場合の対処法を紹介します。レンタカー会社は賠償責任に対し、どのような補償をしてくれ、自身が損害賠償責任を果たさなくてはいけない過失責任にはどのようなものがあるのかをきちんと理解しておきましょう。またCDWやNOCなどレンタカーを使用する際によく聞く用語についての解説もしていきます。

車谷 剛と車谷 有希
全国のレンタカー会社をお探しなら「レンタマップ」
ブログコンテンツTOP
  • 文字サイズ

記事

2018年10月11日

レンタカーで自動車事故!交通事故時の対処法。過失責任範囲と慰謝料は?

レンタカーで自動車事故!交通事故時の対処法。過失責任範囲と慰謝料は?

レンタカー会社を通じて借りるレンタカーは、時間や行動を制限することなく、プライベートな空間を保てることで多くの人に支持されています。また、旅行先で選べる公共交通機関が少ない場合にも、レンタカーを借りることで円滑に旅行をすることが可能です。しかし、レンタカーは普段乗り慣れていない車なだけに事故を起こす可能性もあります。

そこで今回は、万が一レンタカーで交通事故に遭ってしまった場合、どのように対処するべきか、また自分が賠償すべき範囲はどこまでなのかなど、レンタカーで事故を起こしたときに役立つ情報をまとめました。万一のときにも落ち着いて行動できるようにしましょう。

レンタカーで事故を起こしてしまったときの対処法

レンタカーで事故を起こしてしまったときの対処法

交通事故に遭ってしまった場合、パニックに陥ってしまい、何から始めて良いのか分からなくなる人も多いです。しかし交通事故に遭った場合は、何よりも冷静な対応が大切。交通事故を起こしてしまった際には基本的に以下の対処を行ないます。慌てず落ち着いて行動しましょう。

自動車を駐車し、周りの状況を確認する

まずは、自動車を安全な場所に駐車し、落ち着いて周りを見渡します。自動車事故が起きてしまった場合、負傷者が出ていることも多いです。

怪我人がいる場合はすぐに救急車を呼び、自身が負傷していて救急車を呼ぶことのできない場合は、近くにいる人に助けを求めて救急車を呼んでもらいましょう。また、負傷者の状態が深刻な場合は、近くにあるAEDなどを探し、できる範囲で応急処置を施すことが大切です。

警察に連絡する

負傷者が救急車で搬送されるのを見届けたら、警察に連絡。自身が負傷している場合は、周りの方に警察を呼んでもらいます。警察が到着するまでに、事故の当事者同士で情報交換をするのも大切です。

また、目撃者がいる場合、事故の様子を確認しておき、警察が到着したあとの実況見分に立ち合いをしてもらうようにお願いしましょう。可能な範囲での事故現場の記録と確認をすることで、警察が到着したあとに円滑に報告をすることができます。

物損事故、人身事故など、事故のタイプにかかわらず、交通事故を起こしたら、警察への届出は必須です。警察に報告しないと事故を起こした証明となる交通事故証明書が発行されません。そのためレンタカーで契約していた保険が適用されず、レンタカー会社から高額な賠償金を請求される可能性があります。

物損事故による車体に付いた小さな傷も、場合によってはかなりの金額になることもあるため、注意が必要です。相手側が警察に届けることを拒んだとしても、必ず警察に届けましょう。

保険会社とレンタカー会社へ連絡をする

警察に交通事故証明書を発行してもらったあとは、保険会社とレンタカー会社へ連絡。レンタカーを借りる際には保険に関しての説明を受けるため、万一のことを考えてしっかりと聞いておきましょう。

この説明の際に保険会社の連絡先も教えてもらえるため、負傷者の搬送と警察への届出が済んだら、指定された保険会社へ連絡します。保険会社に連絡をすると、保険金の請求が可能。これは自分の損害賠償額を抑えるために最も重要です。

また、日頃から自動車を運転していて、何らかの保険に加入している場合、その保険が適用される可能性もあります。レンタカー会社だけでなく、自身の加入している保険の契約内容がどのようなものであるかもきちんと把握しておきましょう。

保険会社への連絡が済んだら、レンタカーを借りた店舗へ連絡。自動車の返却が可能な場合、返却の時間などを確認します。返却ができる状況でない場合は対処法を聞いて、レンタカー会社の指示に従いましょう。

病院へ行く

必要な連絡がすべて完了し、自分の体には何も問題がないと思われる場合でも必ず病院に行きます。むち打ち症などはすぐに痛みが見られることがなく、事故直後は負傷に気付いていないだけという場合も考えられるため、病院に足を運ぶことは非常に重要です。病院に行くべきもうひとつの理由が、診断書。病院で検査をしないと人身事故を証明できる医師からの診断書を受け取ることができません。

もしレンタカーの返却などにより受診が翌日以降になってしまったとしても、なるべく早く病院に足を運びましょう。時間が経過したあとに病院に行なっても、事故との関係性が認められなければ補償を受けられません。特に問題を自覚していなくても、早めに受診することをおすすめします。

ちなみに交通事故による負傷の場合でも健康保険を利用することが可能です。逆に健康保険を利用しないと、多額の治療費が発生し、賠償の話し合いをするときに問題となる場合があります。また加害者側に支払い能力がなかった場合、多額の治療費がかかっても相手に請求ができません。

健康保険を適用しても、自己負担分は相手に請求できますし、万一相手に支払い能力がなくても、健康保険を適用していれば支払額が多額にならずに済みます。また相手方への請求のため領収書などはきちんと取っておきましょう。

事故が起きた際の賠償責任の所在

事故が起きた際の賠償責任の所存

レンタカーで交通事故を起こしてしまった場合の責任には、以下の3つがあります。

刑事責任

刑事責任とは、殺人罪や窃盗罪など、法律を犯した加害者が罰を受けることです。自身が起こした交通事故により相手に怪我をさせたり、死亡させたりしてしまった場合「過失運転致死傷罪」に問われることがあります。

この場合、7年以下の懲役か、100万円以下の罰金。他にも悪質な運転で事故を起こした場合には「危険運転致死傷罪」「殺人罪」に問われる可能性もあります。またひき逃げ酒気帯び運転などは道路交通法違反にあたり、こちらも刑事罰が科せられる犯罪です。

民事責任

民事責任とは、加害者が被害者に与えた損害を賠償すること。交通事故の場合、負傷した相手の治療費や自動車が壊れてしまった際の修理費用などの支払い責任があります。

また自動車を借りていたレンタカー会社に対しても、損害賠償を支払わなくてはなりません。これは自動車自体の修理費用だけではなく、車を貸すことで得られたはずの利益を補償し、車の修理が完了するまでの営業損失を賠償するものです。

行政上の責任

行政上の責任とは、加害者に科せられる行政上の処罰のことを言います。交通事故の場合には、免許停止免許取消などが行政上の責任です。行政上の責任は刑事責任や民事責任がなくても科せられる場合があるため、刑事責任、民事責任と合わせて覚えておきましょう。

他にも

自動車事故の場合、このような責任の所在を明確にすることが必要です。基本的に事故を起こしてしまったのがレンタカーとは言え、その責任は運転者にあります。そのため、賠償責任は運転者が補償するのが一般的です。

また仕事でレンタカーを借りて事故を起こした場合には、加害者の勤務先も損害賠償請求の対象。酒気帯び運転と言った法律を守らない悪質な運転や、相手に与えた損害の度合いによっては社員に賠償責任が課せられることもありますが、基本的には社員が業務によって起こした交通事故については、会社が賠償責任を取ることが決められています。

これまでの判例を見ると、社員が全額賠償する可能性はあまりありません。ただ悪質な運転をしていた場合には、相手にどのくらいの損害を与えたか、勤務条件はどうだったかなどによって、会社と加害者本人で賠償の金額が決まります。

レンタカー会社への賠償「ノン・オペレーション・チャージ

レンタカー会社の賠償「ノン・オペレーション・チャージ」

レンタカーで起こしてしまった事故に対して、運転手が支払わなくてはならないものがもうひとつ存在します。それは、営業店舗の営業補償料金である「ノン・オペレーション・チャージ」。通常NOCと略されます。これは、事故を起こしてしまった際にレンタカー会社に対して支払わなくてはならない賠償金です。

事故に遭ったときだけではなく、車内を汚してしまった場合や借りていた自動車が盗難にあってしまった場合、自動車の損傷がひどく、しばらく使用できないと判断された場合にも適用され、利用者は一定の金額をレンタカー会社に支払わなくてはなりません。レンタカー会社にとって車は営業に使われる商品です。もしそれが使用できない状態になった場合、その分会社が不利益を被ります。

つまりNOCは車両の修理や清掃のために、営業に不利益が出てしまったことに対する損害賠償のこと。賠償金としては、自走し、店舗に返却することができる場合は2万円、自走することができず、返却できなかった場合は5万円が目安です。NOCは、予定されていた店舗に返却されたかどうかが重要で、走行が可能であっても予定の店舗に返却がなされなかった場合は、賠償を行なわなければなりません。

また、禁煙車の中でタバコのにおいが残っている場合や、喫煙車でシートに焦げが付いている場合もNOCの対象となるため、タバコを吸う方は注意が必要です。利用するレンタカー会社や保険のプランによって、NOCを無料にするプランもあるため、加入するとより安心な補償にすることができます。

レンタカー会社の責任「運行供用者責任

レンタカー会社の責任「運行供用者責任」

基本的に交通事故の責任は運転者にあります。しかし加害者の乗っている車がレンタカーである場合、自動車損害賠償法第3条に基づく「運行供用者責任」にあたるのはレンタカー会社。運行供用者とは、加害自動車の運行を支配することで、運行利益を得ることができる者のことです。

通常責任を追及する場合、直接の加害者が対象。しかし加害者側に賠償する能力がない場合、被害者が加害者から十分な賠償をしてもらえないこともあります。運転供用者責任は、加害者が被害者の賠償を十分にできない場合、運行供用者が代わりに賠償を行なうものです。

こうすることで、被害者が十分に賠償を受けられない場合や、加害者の責任を追及できない場合でも、被害者が泣き寝入りしなくて済みます。ただし、加害者がレンタカーを第三者に無断で転貸をした場合や、返却期限後に起きた交通事故の場合には、レンタカー会社に運行供用者としての責任はありません。あくまでレンタカー会社との契約をきちんと守っている上での責任であることを覚えておきましょう。

ちなみに運転供用責任は、人身事故の場合のみ適応され、物損事故は補償されない点にも注意が必要です。警察に相談をしたり、警察への所在調査の依頼を行なったりして、レンタカー会社の運行供用責任はないとした裁判事例もあります。

また管理上の落ち度が問われる場合も利用者の責任。例えば、無施錠による盗難や、キーを紛失した場合、セルフ給油での油種の間違いなど、管理上に問題があったと認められると運行供用者であるレンタカー会社に補償してもらうことは難しいです。他にもレンタカー会社によって様々な条件が決められているので、申込みの際に確認しておくことをおすすめします。

こういう場合は補償外・事故対応NG集

こういう場合は補償外・事故対応NG集

通常レンタカーで事故を起こしても、レンタカー会社が加入している保険で対応可能。しかし場合によっては補償がされず、すべて自己負担になる場合があります。以下に補償がされない場合をまとめてみました。これらを行なうと保険会社からの補償は受けられないため、注意が必要です。

レンタカー会社が補償対象外として定めているもの

レンタカーを借りる際に、補償の対象外のものを確認しておきましょう。保険に加入していても補償することができないのは、ほとんどのレンタカー会社においてほぼ共通。契約内容外のことや、利用者がルールを守らなかった場合など、各レンタカー会社で補償外の項目を定めています。

また、出発時に申請した人以外が運転したことによって起きた事故や、勝手に他人に貸与した場合の事故借受期間を勝手に延長した中で起きた事故も補償対象とはならないため、注意が必要です。

示談交渉を行なった場合

基本的に事故の当事者同士での示談交渉がなされてしまった場合、保険金は受け取れません。たとえ、相手側が示談交渉を持ち掛けてきても、事故の対応の手順を踏み、関係者への報告を必ずすることが大切です。警察はもちろん、保険会社やレンタカー会社にきちんと連絡し、正しい手順を踏んで保険金の請求をするようにしましょう。

自動車保険の補償限度額を上回ってしまった場合

自動車保険には補償限度額が定められており、これを超える金額は支払うことができません。交通事故の場合、場合によっては高額な賠償金になることもあるため、対人補償や対物補償は万一を考えて無制限にしておくことをおすすめします。

法律に違反する運転を行なった場合

法律に違反する運転をした場合も補償されることはありません。法律に違反する運転とは、酒気帯び運転無免許運転などです。こうした運転を行なった場合、補償金が支払われないだけでなく、行政上の責任や刑事責任などに問われる可能性もあります。

また違法駐車についても注意が必要です。違法駐車の場合、警察に赴いて違反処理を行ない、レンタカー会社に既定の違反金を支払わなければなりません。どちらも行なわなかった場合、その会社ではレンタカーを借りられなくなる可能性もあります。交通ルールを守るのは運転者の基本ですが、レンタカーを借りて運転しているときには、より注意するようにしましょう。

レンタカーを借りる際の保険内容

レンタカーを借りる際の保険内容

通常、レンタカー会社は自賠責保険と呼ばれる、自動車損害賠償責任保険や任意保険に加入しています。そのため、レンタカーを借りる場合、無保険で自動車を運転することはありません。レンタカーの基本料金に自賠責保険料が含まれていることがほとんどなので、別途料金を払って加入する例は少ないです。

しかし、補償内容の違いにより、いくつかの加入プランが用意されている場合があります。そのため、状況に応じて余分に費用を払い、なるべく補償内容を広げておきましょう。また、レンタカー会社によって保険適用時の限度額が異なります。レンタカー会社を決定する前に、保険の内容をホームページで確認したり、問合せをしたりすることで事前に確認しておくと安心。

レンタカー会社が加入している基本的なプランに含まれているのは、他人に怪我を負わせてしまった場合に補償される「対人補償」、相手の自動車や第三者のものに対して損傷を与えてしまった場合の補償である「対物補償」、自身の怪我を補償する「人身傷害補償」、自身の運転するレンタカーを損傷してしまった場合に補償される「車両補償」の4つです。

対人補償

人に対する補償。レンタカー会社によって一部か全額かが異なりますが、限度額が無制限である場合が多くなっています。人身事故が起きた場合、基本的には自賠責保険によって被害者の損害を補償しますが、自賠責保険によってまかないきれない部分は対人補償で補償可能です。また限度額は被害者1名あたりの支払い限度額。被害者が複数名いる場合、各々に1名あたりの限度額が支払われます。

対物補償

物に対する補償。選ぶコースにもよりますが、1事故につき無制限である場合がほとんどです。レンタカー会社によっては数百円余分に支払うことによって、制限があった補償額を無制限にすることもできます。事故の相手が高級車やトラックであった場合、数千万に及ぶ損害賠償が生じる可能性もあるため、補償はなるべく無制限にしておきましょう。

また、対物補償には免責額が設定されている場合が多いです。免責額とは、万一事故が起こった場合、レンタカーの利用者が負担する金額のこと。これは対物補償と車両補償に付いていることが多く、およそ5万円を目安に自身で支払う義務が課せられます。そのため仮に事故を起こして、相手の車と自分の運転する車両方に修理の必要があるとしたら、対物補償と車両補償で、計10万円を支払わなければなりません。

人身傷害補償

事故を起こしてしまった相手側の怪我などを補償する対人補償に対して、事故を起こしてしまった本人や、契約自動車に搭乗している人が負った怪我などに対する補償をするもの。おおよそ3,000万円までの補償が相場となっています。

車両補償

自身の運転するレンタカーに損傷があった場合、修理するための補償です。補償額は時価である場合が多く、一般的には免責額があります。交通事故の際、加害者は被害者に対して賠償金を支払いますが、その額は決して安くない場合が多いです。

支払いをきちんとするためにも、レンタカーの補償内容はしっかり把握しておきましょう。また被害者との交渉は、加入している保険会社が対応にあたるのが一般的です。自分が被害者という状況になった場合は、加害者に慰謝料請求をすることもできます。

ちなみに保険会社が提示する金額に納得いかない場合、弁護士などに相談して、金額を上げることも可能。交通事故の事例に特化した弁護士に相談した場合、保険会社の提示金額から970万円もの増額をしたケースも存在します。

レンタカーを借りる際に知っておきたい免責補償とその他の補償内容

レンタカーを借りる際に知っておきたい免責補償とその他の補償内容

レンタカーを借りる場合、対人補償、対物補償、車両補償、人身傷害補償は、基本として付いている場合が多いです。しかし万一のことを考えると、これらの補償だけでは足りません。ここからはレンタカーを借りる際に知っておきたい補償内容をご紹介します。

免責補償制度

別名「CDW」とも呼ばれ、免責額を補償する制度のこと。レンタカーで事故を起こしてしまった場合、対物補償や車両補償において一部自己負担となるものがあります。これは一般的に免責金額と呼ばれますが、免責というのは「保険会社の免責」であるため、ここで言う免責金額とは、利用者の自己負担額であると捉えておきましょう。

免責額は対物補償と車両補償にありますが、免責保証制度に加入することで、免責額を支払う必要がなくなります。免責保証制度は、比較的低い保険料で申込みができ、1,080円程で24時間までの契約が可能です。予約のとき、または出発時に申込むことができるため、加入しておきましょう。

ただしレンタカー会社によっては、免責補償に加入していても、自損事故の場合は補償されないこともあるため、制度の対象も必ず確認。また免責補償制度は、事故の可能性が高い利用者は利用できないこともあります。具体的には「21歳未満の運転手」「免許取得日が1年以内の運転手」などの場合です。これらも事前に調べた上で申込みましょう。

ロードサービス

緊急時に対応してくれるロードサービスは、基本補償として付いている場合と、オプションで付ける場合があり、会社によって様々です。

多くはバッテリーのジャンピングやガス欠などの緊急時に駆け付けてくれますが、利用するレンタカー会社や保険のプランによっては、内容が違う場合もあります。「ガス欠時の補給は10Lまで」「タイヤがパンクした場合は一旦立て替え」など、制限付きのロードサービスも多いため、どのくらいのサービスがあるのかは、事前に確認しましょう。

安心プラン

各レンタカー会社で提供している独自の補償。基本的には対人補償や対物補償をさらに充実させ、なおかつロードサービスが付いたり、基本プランでは対応できないサービスを提供したりします。

例えば日産レンタカーでは、パンクやバッテリー上がりなどのトラブルに見舞われた場合に、自費で対応すると返金されたり無料になったりするサービスが主です。

ニッポンレンタカーでは、事故や故障などでレンタカーが使用不能になったとき、代替交通手段や宿泊先を案内してくれる電話サービスや中途解約サービスなどが付いてきます。

オリックスレンタカーではNOC補償サービスが無料になったり、早期返却で差額の全額を返却してくれたりと、各社加入しておくと安心な上に得にもなるプラン。

内容は各社で差があるため、どのような内容なのかは契約前にそれぞれの会社で確認しましょう。

※この記事は、2018年5月時点の情報に基づいて作成されています。

※当サイトは原則「リンクフリー」と致しております。

近くのレンタカー会社を検索する

北海道宮城東京神奈川埼玉千葉愛知大阪兵庫福岡その他の地域

ページの先頭へ戻る