ご希望のレンタカー/レンタカー会社情報を無料で検索できます。

ホームメイト・リサーチTOP

レンタマップ
レンタカー/レンタカー会社
トップページへ戻る
トップページへ戻る

秋のレンタカー/レンタカー会社情報

秋の観光はレンタカーがおすすめ!レンタカー会社を活用しよう



秋は紅葉狩りや栗拾いに出かけたり、旬の味覚を味わいに遠出をしたりと、思わず外出したくなる季節。レンタカーを利用するときは、みなさんはどんな条件で会社を選びますか?自宅から近い、料金が安い、乗りたい車があるなどこだわりは人それぞれ。今回は、多数あるレンタカー会社から3社にしぼり、特徴やおすすめポイントを紹介します。

タイムズカーレンタル「コスパ抜群!乗りたい車が指定して選べる」

タイムズカーレンタル「コスパ抜群!乗りたい車が指定して選べる」

旧マツダレンタカーが前身のタイムズカーレンタル。そのため新型デミオや新型ロードスターといったマツダの人気車種がレンタルできることも特徴のひとつ。マツダ以外にも日産やダイハツ、スズキなど他メーカーの取り扱いもあり、フォルクスワーゲンやBMW、Audiなどの輸入車も加わり、ラインナップが充実しています。

会員登録し、ネットから「クラス指定」で予約すると20%OFF、電話や店頭予約でも10%OFFの割引が受けられます。さらに「車名」を指定して予約もできるので、乗ってみたい車がある人にはおすすめのサービス。

また、レンタル30分前からの予約が可能な「30分前予約」があり、急な予定変更や仕事など便利に使えます。

長期休暇を利用して海外に出かける人は、ヨーロッパ最大のレンタカー会社「ヨーロッパカー」と提携しており、公式サイトから予約すると10%OFF割引が適用され、海外のレンタカーもお得に借りることができるのです。

会員限定のキャンペーンも全国各地で開催され、50%OFF割引でレンタル可能な場合もあり、もし行き先が決まっているのなら、公式サイトから都道府県をチェックして、エリア限定割引を活用し、リーズナブルな旅行をかなえてみましょう。

オリックスレンタカー「豊富な車種が魅力!マイルやポイントもたまる」

オリックス自動車が運営するレンタカー会社。自動車メーカーではないので、国産車をはじめ輸入車まで、様々な車種がラインナップされています。また、店舗によってはAudi、Mercedes-Benz、Porsche、JAGUARなどハイクラスな輸入車も豊富。憧れの車を運転できるチャンスです。

他に、作業用車両をメインに取り扱っているトラックレンタルも可能で、4tトラック、高所作業車、クレーン、散水車、ダンプカーなど幅広く展開しています。

ネットから会員登録して予約すると、メンバー割引5%OFF+WEB割引5%OFFがすぐに適用され、初めて利用する人にも安心。しかもJALANAのマイル、Pontaポイントやdポイントが利用額に応じて積算され、すでにカード会員の人ならそのままポイントをためることができます。

キャンペーンも多様で、レンタル料金が安くなるだけでなく、入場券やチケット、BBQなどが付いたお得なセットプランがあり、家族や友人とのお出かけにぴったりな内容。同じく「おもしろクルマコレクション」というコーナーでは、話題性や希少性が高いこだわりの車が一覧で見られ、割安なキャンペーン料金で借りることができます。興味のある人は、まずはこちらをチェックしてみてはいかがでしょう。

ニッポンレンタカー「24時間営業で便利!お気に入りの音楽をレンタカーで」

借りたいときに借りられて返したいときに返せる、とっても利便性が良いレンタカー会社と言えばこのニッポンレンタカー。全国約200営業所がその名の通り24時間いつでも貸出返却OK!仕事でもレジャーでも旅行先でも、便利なサービスが受けられます。

会員登録すると、基本料金5%OFF+ネット予約5%OFF、車種によっては最大20%OFF割引が適応されます。この会員制度は「スーパーレッドメンバー」というもので、特典の中にはホテルや旅館・レジャー施設が優待価格で利用できる他、ANAのマイルやTポイントがたまるなど多彩なサービスが付帯しています。年会費は無料、ネット加入なら入会費も無料なので、レンタル予定がある人は、メンバーになった方がお得です。また、予約時に登録半年以内の新車が選べる「新車チョイス」のサービスがあり、ピカピカの車が指定できるので、気分がリフレッシュしてドライブが満喫できます。

さらに、ここで扱っている車種にはこんな実用的な機能も。ETCはもちろん、携帯オーディオプレイヤーを再生できる「Music Line」が標準装備され、iPhone・iPad、WALKMANに直接つなぐだけで、いつもの音楽が手軽に楽しめます。音楽再生中はカーナビの画面に曲名が表示され、簡単に選曲操作も可能。加えて充電もできるので、電池消費の心配も不要です。

ロード中
ロード中
ロード中

ドライブに適した気候の秋は、車で出かける機会が多くなるシーズンでもあります。しかし、普段はあまり車を使わないという世帯では、自家用車を所有するよりもレンタカーや話題のカーシェアリングの利用がお得。お財布にも環境にも優しいレンタカー&カーシェアリングシステムを利用し、秋の行楽をより楽しんでみませんか?

カーシェアリングとレンタカー

カーシェアリングとレンタカー

最近は維持費や税金などの面から、特に都市部では自家用車を所持しない家庭が増えています。しかしときには家族でドライブを楽しみたい、秋の行楽に車で出かけたいなど車が必要になるシーンもあるでしょう。そういうときに便利なのがレンタカーですが、最近はレンタカーと同じように利用者が急増しているのがカーシェアリング。

カーシェアリングに登録している人数は2010年以降から爆発的な伸びを記録しており、大手レンタカー会社の中にもカーシェリング事業に取り組んでいる企業があります。もともとカーシェアリングとは環境負荷軽減のために欧米でスタートした制度で、スイスが発祥。

ではこのカーシェアリングとは、一体どういったシステムなのでしょうか。そもそもカーシェアリングとは、その名前の通り「車を数人でシェアする」というもので、一般に登録を行なった会員間で特定の車を共同利用するサービスのことです。

レンタカーが不特定多数の人が利用するシステムであるのに対し、カーシェアリングはあらかじめ利用者として登録した会員に対してのみ自動車が貸し出されます。通常レンタカーよりも短時間の利用時間が設定されているのが特徴で、短ければ数10分と、ちょっとした用途の際に、安く気軽に利用できるのが魅力。そのため、自動車を利用する日数や時間に合わせ、レンタカーとカーシェアリングを目的によって使い分けるのがおすすめです。

なお、日本の現行法令上ではカーシェアリングはレンタカーと同様の扱いとされており、そのためカーシェアリングで使用する車のナンバーはレンタカー同様「わ(れ)」ナンバーになります。

カーシェアリングのメリット

手頃かつ気軽に利用できるカーシェアリングですが、カーシェアリングを利用するメリットは数多くあります。まずは自動車を使用する費用が安く済むことで、実際に自動車を自己保有する場合に発生する各種税金や駐車場代、保険料、車検代、整備費などを節約できます。1人に1台車が必要な地域に住んでいる場合を除き、実際に車を使用しているのは1日に数時間程度というデータもあり、稼働率と固定費を考慮すると借りた方がお得だという結果になるケースも。また、車を複数人でシェアすることで過剰な自動車の利用を抑制する効果もあることから、エコロジーに貢献するとも言われています。

なお、カーシェアリングには専用の駐車場が設置され、住宅街やスーパーの一角をはじめ、最近ではコンビニエンスストアの駐車場に配置されているケースもあります。身近な場所で借りられることで、より便利に進化し続けているのもカーシェアリングの特徴です。

カーシェアリングに必要な経費

カーシェアリングの会員に登録するには、まずインターネットのサイトで入会手続きを行ない会員に登録します。この際に初期費用として約1,000円かかるのが一般的で、会員になると自宅にICカードが届き、正式にシェアリングカーの共同利用者となるのです。カーシェアリングの特徴のひとつが「複数の会員の月額利用料や使用料金などで車の維持費を賄う」という合理的なシステムにあり、車を利用したいときはインターネットサイトから予約をします。なお、手元に届いたICカードが車のドアロックを解除するキーとなっているので、利用の際は必ず持参しましょう。

カーシェアリングの利用料金ですが、利用プランによって違いはあるものの約15分200円というのが一般的です。また、レンタカーは返却時にガソリンを満タンにして返すのに対し、カーシェアリングは利用料金に保険料とガソリン代が含まれているためガソリン代を払う必要がありません。このようにカーシェアリングは非常にお得なシステムですが、やはり半日以上、車を借りておきたいという場合にはレンタカーが便利です。

ではいかにカーシェアリングとレンタカーを使い分けるのかと言うと、ポイントは利用時間にあります。1ヵ月間の利用頻度が高く、トータル利用時間が少なければ月額基本料金を含めてもカーシェアリングがお得で、利用頻度が少なく1回あたりの利用時間が長ければレンタカーがお得です。そのため利用の際には目的やライフスタイルに合わせて選びましょう。


秋は車で、紅葉を見に行ったり、おいしいものの食べ歩きをしたくなる季節です。レンタカーを利用すれば、いつもと違った気分で運転でき、高齢者には割引サービスもありますので、カーナビなどのオプションを付ければより快適に楽しむことができます。

シニア割引を利用しよう

シニア割引を利用しよう

9月第3月曜日は「敬老の日」です。最近はアクティブに行動するお年寄りも増えており、秋の行楽にドライブをする高齢者も珍しくないため、日頃あまり車に乗らない人でも、レンタカーを借りれば気軽にドライブに出かけられます。そこで利用したいのがシニア割引です。一般的には60歳以上の人が割引対象となり、運転免許証で年齢確認をします。割引率は、レンタカー会社によって異なりますが、通常料金よりお値打ちに借りることができるため、カーナビ搭載車なら、目的地まで地図や音声にしたがって走るだけなので、道に迷うこともありません。

日頃はコンパクトカーや軽自動車に乗っていても、行楽シーズンは少し広めの車を借りて、くつろぎ気分でドライブを楽しむのも良いでしょう。また、普段運転できない車を運転できるのもレンタカーの大きなメリットです。例えば高級車を借りてリッチな気分で運転するなど、レンタカーは、新しい視野を広げてくれます。

キーの閉じ込みにご注意

いつもと気分を変えて、レンタカーを利用したドライブもなかなか快適です。しかし、友だちとのおしゃべりに夢中になったり、行楽スポットへ急ぐあまり、ついキーを閉じ込めたままドアをロックしてしまうことも多く、これはデータから表われています。キーの閉じ込みは、JAFのロードサービスの出動理由の中で常に上位にランクされていることから、ドライバーのうっかりミスはなかなか減らないようです。レンタカーの場合、乗り慣れている車と違って操作や機能が少し違うことがありますので、いつものクセが出てしまうこともしばしば。ロックするときには必ずキーを使って車外からロックするように意識しましょう。

もし、誤ってキーを車内に閉じ込めてしまったら、まずはレンタカー会社に連絡し、トラブルの内容を説明して、適切な対応方法を教えてもらいましょう。営業時間外の場合は、JAFのロードサービスに連絡します。契約内容によってはJAFの出動料金をレンタカー会社が負担してくれる場合もあります。

最近はキーレスエントリーの車も増えたので、施錠・解錠がリモコンでできるようになりましたが、楽しいドライブでがっかりしないよう、施錠には十分に気を付けましょう。

カーナビ活用術

初めて行く行楽地や知らない場所へのドライブには、カーナビが力強い味方となります。レンタカーを借りるときには、カーナビをオプション装備しておくと何かと便利。カーナビの使い方としては、目的地までのルート・距離・到着予定時刻を検索することが一般的ですが、今のカーナビは音声でも案内してくれますし、道を間違えてもすぐに修整ルートを案内してくれますので、目的地までのドライブも快適です。これ以外にカーナビにはいろいろな機能を備えています。目的地の途中に寄りたいお店や施設があったら、「通過地点」「経由地点」としてマークしておくと、お目当てのスポットによりながら目的地へのルートも案内してくれます。

都市部では一般道の上に高速道路が走っていることが多くあり、高速道路から降りたのに、カーナビがまだ高速道路を案内している場合は、「再探索」ボタンを押すようにしましょう。「別道路」「一般道優先」など別のルートを押すと、現在地を起点としたルートを選び直してくれます。

カーナビが教えてくれたルートが通りにくかったり、通行止めになっていた場合、軌跡表示機能があれば、もと来た道を戻ることができます。軌跡表示は車が通ってきた道を点などで示す機能で、その軌跡を辿っていけば起点まで戻ることができ、分かりやすい道に戻って再探索をすれば、別のルートを示してくれるので、安心してドライブを続けられます。

こうしたカーナビ機能については、車を借りたときに操作方法をスタッフに教えてもらいましょう。また、他にも便利機能があるので、いろいろ尋ねてみると良いでしょう。


レンタカーは、好きなときに好きな車を必要な時間だけ借りて乗ることができるのが良いところ。この秋は、レンタカーを賢く利用して、家族や友人新しい楽しみ方を見付けてみてはいかがでしょうか。

キャンピングカーをレンタルして一味違う旅を楽しむ

キャンピングカーをレンタルして一味違う旅を楽しむ

キャンピングカーは、ファミリー層や団塊の世代に人気があり、中には購入する人もいますが、現実的には購入費用や維持費も高く、日常で使うには不便なため、まずはレンタカーを利用するのが賢い方法です。キャンピングカーの車内には、キッチン、冷蔵庫、電子レンジ、テーブル、椅子、ベッドなど生活に必要な物がほぼ装備されており、まさに"移動する家"という感覚で、旅のプランやスタイルに合わせて、好きな場所に移動し、泊まることができる点が最大の魅力です。また、ホテルのチェックインなどの時間に制限されることがなく、宿泊費用もかからないので、その分他の楽しみに時間とお金を使うこともできます。全国の紅葉スポットや自然豊かな場所を巡って、好きな場所でのんびり過ごしたり、キャンプや釣りなどのアウトドアに利用したりと、この"移動する家"の可能性は使う人によって無限大に広がります。「快適車中泊スポットガイド」などのガイドブックも販売されていますので、一度情報収集してみるのもいいでしょう。この秋、どこに行こうか悩んでいる人は、キャンピングカーを借りて、いつもとは一味違った旅を楽しんでみてはいかがでしょうか。

オープンカーをレンタルして秋を楽しむ

オープンカーをレンタルして秋を楽しむ

夏のうだるような暑さから気温も下がり、涼風を楽しめる秋はまさにオープンカーを楽しめるベストシーズンです。オープンカーは、天候や気温の影響を直に受けるので、興味はあるけれど買うのを躊躇してしまう人も多いはず。そんなときは、気候のいいときにだけ気軽に利用できるレンタカーでオープンカーを利用してみましょう。秋のシーズンであれば、やはり紅葉を見ながら山道をドライブするのがオススメ。真っ赤に紅葉した木々のトンネルをくぐり、走行中の音や風、秋の匂いを肌で感じながら走る爽快感はまさに格別です。バイクでも同じ感覚は感じられますが、ヘルメットをかぶってない分だけオープンカーはさらにその感覚を強く感じられます。この時期ドライブに出掛けるなら、紅葉ドライブの名所として全国的にも知られている岐阜県の「飛騨美濃せせらぎ街道」がオススメです。郡上八幡から坂本トンネルを抜けて高山に向かう街道で、もみじ以外にもカエデ、ミズナラ、カツラなどの広葉樹が多く、標高差があるためドライブでも長い時間紅葉が楽しめます。もちろん、オープンカーに乗っていると、雨に降られたり、鳥の糞等が降ってくることもあります。でも、それには代えがたい楽しさがオープンカーにはあり、人気が衰えることはありません。買う勇気がなかった人も、レンタカーでこの楽しさを味わってみては。

高級車をレンタルして楽しむ

高級車をレンタルして楽しむ

メルセデスベンツやフェラーリ、ポルシェ、ハマーなど、一度は乗ってみたい!でも、費用や維持費のことを考えると買えない。そんな夢を叶えてくれるのが、高級車のレンタカーです。一般の車種に比べるともちろん料金は割高ですが、その分一流の車に乗った感動と夢のひとときを過ごすことができます。最近は、記念日や特別な旅行など、思い出を彩るための手段として利用されており、日常使う車はエコカー、特別な日には贅沢をして高級車をと、活用する人も増えてきています。また、高級車の中にも行楽やアウトドア向けの車種もあり、4WDの王者ランドクルーザー(トヨタ)やH2(ハマー)、アメリカの代表的SUVであるエクスプローラー(フォード)などは人気です。中には、わざわざ車に高いお金を払ってまで…と思う人もいるかもしれませんが、普段乗ることのない一流の高級車に乗ることによって、自分の感性が磨かれたり、いつか一流なものにふさわしい人間になろうとモチベーションが上がったり、高級車に乗るということは、移動手段を超えた意味があります。一流の人が"一流"を知っているように、お金の使いどころを変えてみると、また新しい発見があるかもしれません。