ご希望のレンタカー/レンタカー会社情報を無料で検索できます。

ホームメイト・リサーチTOP

レンタマップ
レンタカー/レンタカー会社
トップページへ戻る
トップページへ戻る

夏のレンタカー/レンタカー会社情報

夏の北海道旅行は「レンタカー」がおすすめ!大自然を満喫しよう



夏の北海道は魅力がたっぷり。北海道の色々なところを、ゆっくりと自分のペースで効率的にめぐりたい方におすすめなのが、レンタカー会社で車を借りての北海道旅行です。今回は、「レンタカー」を利用して、北海道旅行をするメリットについてご紹介します。

「レンタカー」で北海道旅行するメリットは

「レンタカー」で北海道旅行するメリットは

涼しい避暑地として人気が高い、夏の北海道旅行。「ラベンダー」や「ひまわり」など美しい季節の花が咲き誇り、「ウニ」などの魚介類はもちろん、獲れたての「メロン」や「新じゃがいも」のじゃがバターなど、旬のおいしいグルメも豊富です。旅行の移動手段としておすすめなのが、「レンタカー」。北海道は、道幅が広く見通しも良いので、「レンタカー」でドライブを楽しむのには、ぴったりです。

一人旅なら、燃費の良い「コンパクトカー」、カップルなら2ドアでお洒落な「クーペ」、ファミリーなら荷物が大容量で詰められる「ワンボックスカー」など、利用人数や目的に合わせて、様々な種類から選ぶことができます。

美瑛町にある神秘的な「青い池」やトマムにある「雲海テラス」など、夏にしか見ることができない、見どころもいっぱい。雄大な自然に恵まれた北海道。自分の希望通りの施設やお店めぐりを楽しみたいのなら、車での移動がもってこいでしょう。

美しい景色を楽しみながら車を走らせて、気になる場所があれば気軽に立ち寄れる「レンタカー」で、自由気ままな旅を楽しみましょう。

北海道で「レンタカー」ドライブをするときの注意点

初めての土地に行くのならば、目的地に到着するまで、どれくらいの距離と時間がかかるのか、事前に調べておくことが大切です。特に北海道は、イメージよりもずいぶん広いので、事前確認はしっかりと行なっておきましょう。例えば、札幌からトマムまでは、片道145km、約120分。札幌から函館までは、片道248km、約310分です。

慣れない土地を運転するのは、思っているよりも神経を使います。北海道での車の運転が初めての場合は、1日300kmくらいが限度だと心得ておく方が無難です。運転しない日を設ける、1~2時間運転したら休憩をしっかり取るなど、疲れが溜まらない旅行計画を立てましょう。

また北海道は、日本国内でも人気の高い観光地のひとつです。旅行の日程が決まったら、なるべく早めに「レンタカー」を予約すると、希望の車種をリザーブできます。利用する空港や最寄駅、宿泊するホテル近くのレンタカー会社で予約すると、利便が良いでしょう。万一のことを考えて、事前にキャンセル料を確認しておくことが大切です。

「オープンカー」で旅行を楽しんでみてはいかが?

夏の北海道は、降水量が少ないことも特徴です。木々の香りや、爽やかな空気、海岸から聞こえてくる波の音を肌で感じられる「オープンカー」を、ぜひ運転してみませんか。美しい緑の中を颯爽と走りぬけるオープンカーは、とても絵になります。ポルシェの「ボクスター」やBMWの「Z4」、マツダの「ロードスター」など、憧れの「オープンカー」をぜひ「レンタカー」で運転してみましょう。

イチオシは、小樽から稚内までの約380kmの海岸線を走る絶景のドライブルート、「オロロンライン」。海や空の青さと磯の香りが気持ち良いこのドライブウェイで、特におすすめなのが、海岸沿いをドライブしていると、海の上に突如として現れる美しい山、利尻富士こと「利尻山」です。まさに「富士」という名が付くのにふさわしい、素晴らしい姿。さらに、「オロロンライン」の道沿いには、ボタンエビや甘エビ、ウニなど、海の幸が絶品なお店も豊富。様々な海産物を食べ比べしてみるのはいかがでしょう。

また、知床にある約18kmの直線ルート、「天に続く道」もおすすめ。真っすぐな道がはるか遠くまで続いており、まるで道の先が空へと繋がっているように見えることから呼ばれるようになりました。

このような、見晴らしの良い道を運転する際に気を付けたいのが、スピードの出し過ぎです。「オープンカー」で風を受けて気持ち良く走っていると、つい加速してしまいがち。思わぬ事故に繋がらないよう、速度を守り、注意して運転しましょう。

ロード中
ロード中
ロード中

夏休みなどの長期休暇に仲間や家族で旅行を楽しむため、レンタカーの利用頻度が高くなる夏の季節。長距離をドライブする際におすすめの車種やファミリー向けにおすすめの車種、夏の人気の観光地である沖縄でレンタカーを利用する際のポイント、意外と手軽にレンタルできるユニークな車種について紹介します。

移動距離や用途に合わせてレンタルする車種を選ぼう

移動距離や用途に合わせてレンタルする車種を選ぼう

夏にレンタカーを借りる理由と言えば、旅行や帰省。特に長期休暇は、遠出してロングドライブを楽しみたいという人も多いのではないでしょうか。しかし、何も考えず車種を選んでしまうと、予想外に疲れてしまったり、燃費の悪さに辟易してしまったりして、せっかくの休暇が台無しになってしまうことがあります。レンタカーでドライブを十分に満喫するためには、移動距離や用途に合わせてしっかりと車種を選ぶことが大切です。

高速道路を利用して遠出する場合

高速道路を利用して遠出する場合、運転手はもちろん同乗者にとっても快適さと燃費が大切。一般的にはコンパクトカーは燃費が良いイメージですが、実は車体が小さければ燃費が良いとも限らず、軽自動車の時速100kmと、大きいセダン車の時速100kmでは、エンジンにかかる負担が大きく異なります。したがって、高速道路を利用して遠出をする場合には、Sクラス、あるいは、A/RAクラス以上の車をレンタルすることが理想的です。

小さな子どもが同乗する場合

小さな子どもが同乗する場合、チャイルドシートは絶対に必要。そのため、できるだけ乗車可能人数の多い車を選ぶと周りの大人も快適に乗ることができます。ただし、後部座席に3人乗れる車でも、チャイルドシートを2つ取り付けると、残りのスペースはなくなりますので、小さな子どもを含む大人数で利用する際は、レンタルする車の選択には注意が必要です。

夏の沖縄旅行はレンタカーが便利

沖縄本島や離島での移動手段と言えば、バスやモノレールが定番。しかし、実際のところ、モノレールは那覇市内しか走っておらず、バスの路線は複雑。初めての旅行者では上手に使いこなすことはなかなか困難です。タクシーもありますが、せっかく島国にいるのですから、仲間や家族だけで自由気ままに行動できるに越したことはありません。そこでおすすめなのが、レンタカー。休暇の限られた時間に、効率的に観光地をまわるという意味でも最適な移動手段です。

沖縄でレンタカーを借りることができる営業所は、那覇空港から送迎バスで10分程走った場所に複数ありますが、旅行のハイシーズンは、その送迎バスに乗るだけでも長蛇の列ができます。そんなときは、那覇空港からモノレールやタクシーで沖縄市の中心街に移動してレンタカーを借りるのも得策。この時期は、レンタカーの利用率も高まり、空車がない場合もあるため、早めに予約しておきましょう。

普段は乗らない車をレンタルするのも楽しい

普段の生活ではビジネス向けの落ち着いた車や、家族のためのファミリーカーに乗っている人も、たまの長期休暇に訪れる旅先では、遊び心溢れる個性的な車や、開放的なオープンカー、非日常を演出するスポーツカー、リッチな雰囲気を楽しめる高級外車、本来の操作感を楽しめるMT車に乗って贅沢なひとときを楽しみたくなるもの。

全国各地にはそういったS660、NDロードスター、ランエボXなどのスポーツカー、アウディ、ベンツ、BMW、ポルシェといった高級外車、オープンカー、MT車などを専門的に扱うレンタカー会社が複数点在。レンタカーを単なる一時的な移動のツールではなく、楽しみの目的に利用する人が増えています。レンタル料金も、一般的なレンタル会社と比べて格別に高いという訳ではないので、夏の旅行をいつもと違ったものにしたいと考えている人は、ぜひ問合せてみてはいかがでしょう。


ドライブに出かけたり、旅先で観光スポットを巡ったり、仲間と海やキャンプに行ったり、遠出して買い物を楽しんだりと、夏は様々な場面でレンタカーが大活躍します。

レンタカーとカーリースの違い

レンタカーとカーリースの違い

「レンタカー」は気軽に自動車を借りられる便利なサービスですが、有料で自動車を借りるという点では、「カーリース」というサービスもあります。この2つは借りる期間や使用目的などが異なりますが、車をあまり使わない方だと混同してしまいがちです。

例えば、レンタカーは数時間や数日単位で借りるのが普通ですが、カーリースの場合は年単位で借りるシステムなので、車庫証明が必要。他にもレンタカーとカーリースは様々な違いがあるので、下記にてご紹介します。

サービスの用途の違い

  • レンタカー…一時的な利用が多く、短期間に集中して利用します。
  • カーリース…事業に利用するなどの計画的な利用が主で、長期間にわたり、継続的に利用します。

契約期間の違い

  • レンタカー…数時間、数日などの契約が多く、長くても数ヵ月単位です。
  • カーリース…年単位の契約となり、最低年数条件が設定されています。

ナンバープレートの違い

  • レンタカー…「わ」ナンバーです。(北海道は「れ」もあり)
  • カーリース…一般車両と同様に、様々なナンバーが存在します。

車種選択の違い

  • レンタカー…レンタカー会社が所有する車種の中から選択して借ります。
  • カーリース…お客様が希望する車種に合わせ、カーリース会社が用意します。

保管場所の違い

  • レンタカー…利用中はお客様が保管場所を用意する必要があります。車庫証明は必要ありません。
  • カーリース…お客様が用意しなければならないため、車庫証明が必要となります。

中途解約の違い

  • レンタカー…契約期間内に返却すれば、その時点で解約となります。
  • カーリース…原則として途中解約は不可であり、解約を希望する場合、別途解約金が必要です。

レンタカーいろいろ

最近では、利用者のニーズに応じた多種多様なレンタカーサービスが登場しています。引越準備のための月単位での利用や、夏のイベントや出張などでの一時利用、買い物に行くための数時間だけの利用など、ケースに応じて使い分けましょう。

マンスリーシステム

週単位、月単位でレンタカーが必要なときは、ウイークリー・マンスリーレンタカーやマンスリーシステムの利用がおすすめです。レンタカー会社によって様々なプランが用意されており、15日分の料金で1ヵ月間レンタルできるシステムや、リースにはない1年~2年の利用が可能なプラン、ETCやナビ、任意保険も込みでレンタルできるプランなどがあります。

ビジネスレンタカー

事業の繁忙期だけ車を利用したい場合や、支社などに長期出向したときの移動手段、社用車が不足した場合の補充など、ビジネスシーンで活躍してくれるのが「ビジネスレンタカー」です。商用ライトバンからワンボックスワゴン、トラックや冷凍車まで豊富な車種が用意されており、任意保険やロードサービスなども付いています。また、ビジネスレンタカーの利用料金は、経費として計上することが可能です。

出張などの際は、ビジネスレンタカーの利用を検討してみてはいかがでしょう。

100円レンタカー

通常、レンタカーは最低6時間から借りることができますが、2、3時間だけ車を利用したい場合もあるもの。この際に便利なのが「100円レンタカー」です。

「100円レンタカー」では、10分単位で利用時間が設定でき、最大3時間まで借りることができます。10分100円という廉価で提供できるのは、中古車を整備してレンタカーとして活用しているためで、100円レンタカーを扱っている会社の多くは自動車販売店や整備工場です。暑くて出歩くのが面倒……というとき、気軽に活用してみてはいかがでしょうか。

夏の行楽にワゴン車を利用

家族や友人と出かける機会が増える夏は、ワゴン車のレンタルがおすすめです。ゆったりした8人乗りのレジャーワゴンなら、小さいお子さんが車中でのびのび過ごせる上、荷物も余裕を持って積み込むことができます。また、仲間同士で出かける場合、レンタカー代を人数で割れば費用が節約できますし、交替で運転すれば疲れることなくレジャーを楽しめます。ワゴン車のレンタカーを上手に利用して、ドライブを楽しく盛り上げましょう。


夏は気の合う仲間達と海に出かけ、サーフィンなどのマリンスポーツを楽しむ機会も増えるのではないでしょうか。スポーツ用品を乗せられる車を誰も持っていない場合は、レンタカーを利用するのも手です。ここでは、サーフボードの持ち運び方法などについて紹介します。また、家族でレンタカーを利用する時は、お子さんの安全のためにチャイルドシートが必要です。レンタカーショップでは、オプションとして車と一緒に貸し出しもしてくれるので、必ず予約時に申し出ましょう。

サーフボードの持ち運び

サーフボードの持ち運び

夏はマリンスポーツの季節。中でもサーフィンは若者を中心に人気の高いスポーツです。しかし、サーフボードを持っていても海まで運ぶ車がない時は、レンタカーが便利です。サーフボードは、ある程度の耐熱性がありますが、車のルーフに裸のまま載せて、炎天下で長時間さらしておくと変色や劣化の原因になりますので、ワンボックスカーなど、できるだけ車内に入れられる大きめのレンタカーを借りると安心です。車内に積むことで、サーフボードの劣化を防ぐことができます。積み込む時は、サーフボードを車内でぶつけたり、ボードに塗ってあるワックスが車のシートに付着しないよう、ソフトケースやハードケースに入れるようにしましょう。

車が小さかったり、人数が多かったり、他に荷物がある場合は、サーフキャリアがあると便利ですが、サーフキャリアを用意していないレンタカーショップもあります。そのような場合は、手軽な簡易キャリアを購入して取り付けることも可能ですが、取り付け時に車両を傷つけないように気を付けましょう。また、走行中にサーフボードが飛んで行かないようにしっかり固定する必要があります。キャリアには風の抵抗を考慮して、テールを前にして裏返しの状態で載せます。これはサーフボードにはロッカーという反りがあるため、ノーズを前にすると走行中に風圧を受けてサーフボードにかかる負担が大きくなるからです。テールを前にすることで前方にあるフィンが引っかかり、万が一の脱落防止にも繋がります。キャリアにはしっかり固定する必要がありますが、あまりきつく締め付けるとサーフボードが変形する恐れもありますので、動かない程度に固定しましょう。レンタカーを利用して、夏を満喫しましょう。

子どもにはチャイルドシートを

子どもにはチャイルドシートを

夏休みは、レンタカーを借りて家族でドライブをしたり、レジャーに行く人も多いのではないでしょうか。車を持っていない人はもちろん、普段コンパクトカーに乗っているなら、大きなワンボックスカーを乗ってみるのも気分転換になります。レンタカーには家族構成や目的に合わせて様々な車両が揃っている他、快適なドライブのためにカーナビやETCなどのオプションも用意されています。中でもお子様連れで忘れてはいけないのがチャイルドシートです。6歳未満の幼児を車に乗せるときは、チャイルドシートの着用が法律で義務づけられています。9ヵ月未満の乳児には、ホールド性の高いベビーシートを選び、6歳を超えた学童は、3点式シートベルトが正しく着用できるジュニアシートを装着しましょう。この中でベビーシートだけは、必ず後部座席に後ろ向きに取り付けるようにします。これは、万が一衝突したときにエアバッグの作動によってベビーシートごと吹き飛ばされる恐れがあることと、衝突した時の衝撃を少しでも緩和するためです。6歳未満でも体格によってはジュニアシートを使用しても構いませんが、シートベルトがしっかり機能するかを確認しましょう。

チャイルドシートは自前で用意しても構いませんが、用意できない場合はレンタカーの予約時に、合わせて予約するようにします。チャイルドシートの用意がなく、予約もない場合、レンタカー会社によってはレンタカーの利用ができないこともあります。また、チャイルドシートの座席への装着は利用者が行なうことになっています。取り付けが分からないときは、レンタカー会社のスタッフが手伝ってくれますが、最終的な安全の確認は利用者が行ないます。

家族の安全を守るために、セーフティードライブで楽しく出かけましょう。